【ドルフロ】SVT-38の評価とおすすめ運用方法

キャラクター関連情報

ドルフロ(ドールズフロントライン)に登場するRF☆2キャラ「SVT-38」のキャラクター性能評価です。SVT-38のスキル・ステータス・陣形効果、運用方法や適正編成について掲載しております。攻略の参考にしてください。評価は他のキャラが登場した場合比較して変更される場合があります。

SVT-38

イラストレーター:sola7764さん(pixivへのリンクです)

通常 ダメージ時

©SUNBORN Network Technology Ltd Co

SVT-38の評価

評価
6.5 / 10点

RFは他の武器種類と違って単体でのステータスやスキルだけで評価される種類です。

SVT-38はRFの攻撃力や貫通力を活用できるスキルを所持しており、低レアRFの中では特に使いやすいキャラクターです。

序盤からある程度ドロップしやすく、育成面で有利なため序盤ボスとの戦いで活躍してくれます。

後半は高レアに交代します。序盤は活躍できますが、交換対象が多いので6.5点としました。

SVT-38の基本情報

番号 レア度 タイプ CV 戦闘効果
NO.40 ★★ ライフル(RF) 井手かおり 156 > 3116
戦闘能力
火力 命中 回避 射速 HP 成長
A B A B B B

SVT-38のステータス

火力 命中 回避 射速 HP 移動速度 会心率
43 8 5 24 42 7 40
MAX値
110 59 34 34 420 7 40

SVT-38の消費資源

弾薬 配給
15→55 30→90

SVT-38のスキル

エイムショットという必殺技を放ちます。

攻撃力は自身の攻撃の倍数なので、攻撃アップの陣形効果と相性がいいです。スキル使用後発動までタイムラグがあります。再使用時間も長いので連発できません。

カッコいいので必見です。威力は低レアなので低めです。

レベル 効果 初回使用可能時間 2回目以降使用可能時間
1.5秒後自身の攻撃の2倍ダメージを与える 10秒 20秒
10 1.5秒後自身の攻撃の5倍ダメージを与える 10秒 16秒

SVT-38の陣形効果

ハンドガン(HG)のスキル再使用時間を減少させますが、あまり意味がないのでオマケ程度と考えたほうがよいです。

陣形を編成する場合は陣形効果は考えなくてよいです。編成拡大しても効果は同じです。

対象:HGタイプ
編成(人数)1:スキル再使用時間10% 軽減
編成(人数)3:スキル再使用時間10% 軽減

推奨陣形まとめはこちら

SVT-38の装着可能な装備の種類

レベル 装備種類
20 徹甲弾
50 スコープ(全種)・サイレンサー
80 チップ・カモフラージュマント

SVT-38の入手方法とドロップ情報

製造時間 03:30:00
ドロップ 3-3
レシピ 430/430/430/230
イベント

黄金レシピまとめはこちら

SVT-38の運用方法

特にHPの高いボス戦で効果を発揮するスキルを所持しています。

パラメータはRF全体では低めですが、攻撃力はあるので序盤は十分使えます。

高レベルになってくると高レアRFと交換したほうがよいです。コア核心次第ですが。

初期に入手した場合

AR・SMG編成で余った最後の枠に入れる形が普通です。

もしくは十字陣形で最後尾に沿えるなどの形もありです。十字中央にHGがいるなら後方陣地4となります。

RFは後方にいる敵を攻撃する特性があるので、装甲の高い敵の後方から攻撃してくる敵を排除する役割があります。

SVT-38
AR SMG
AR SMG

SVT-38と相性のいいキャラ

攻撃依存のスキルを所持しているため、攻撃・クリティカル率を上げてくれるHG☆3のMakarovとは好相性です。後方3マスのいずれかに配置できる陣形効果も編成しやすいです。

RFはクリティカル率も高いので、会心率上昇の陣形効果もいいです。会心ダメージは50%プラスです。

攻撃を大幅に上昇してくれるHG☆4のThunderとも相性がいいです。

マカロフの評価はこちら
Thunder の評価はこちら ※リンク先作成中

SVT-38のキャラクター

カッコいい見た目通りの大人な女性です。

『さぁ!行くぞ!』『ふん、大したことないさ。』『私の辞書に敗北の文字はない。』

ソビエト連邦(現ロシア)製のため同国製のモシンナガンと知り合いのようです。

『モシンナガン私に任せてくれ、こんなところで負けるわけにはいかない。』

SVT-38は粗悪品の弾薬等のせいもあり動作不良や不具合が多かったそうです。トカレフM1938が正式名称で、SVT-38は別名です。

ゲーム内プロフィール

トカレフM1938参上!指揮官、ご指示を

武器種類の特徴と全キャラ一覧はこちら