【ドルフロ】陣形効果による戦闘結果の違いと序盤に重要なステータスについて

ガイド

ドルフロ(ドールズフロントライン)の戦闘では特に陣形効果とステータスが重要になってきます。

このページでは陣形効果とあるステータスの詳しい解説を初心者向けに掲載しております。

陣形効果について

陣形効果とは、各キャラクターが必ず所持しているバフスキルです。自分以外の特定編成場所にいる味方に効果が付与されます。効果は10%のものもあれば40%以上のものもあり、ステータスを上げると同時に陣形効果を把握しなければ本作の攻略は不可能です。

FGOをされている人は、諸葛孔明やマーリンのもつバフスキルがどれほど強いか把握していると思います。そのバフスキルを全キャラクターがパッシブスキル(常時発動する)として所持していると言うとどれだけ重要かわかって頂けると思います。

とても大事な要素なので陣形編成は必ず行ってください

陣形編成方法

中国版をやっていた際に適当に流してしまって陣形の編成方法がわからなくて陣形効果がうまくいかせずに大変な思いをしました…。

日本版でも同じ位置だと思いますので中国版の画像を使用して解説していきます。

右下にある赤枠をクリックすると編成画面に移動します。
この画面で編成します。

キャラをタップするとそのキャラの陣形効果が表示されます。ドラッグアンドドロップで位置移動できます。

 

ちなみに編成をしているかいないかでどれくらい違いがあるかわからないと思ったので、下に編成した場合としない場合の戦闘結果前後の画像を添付します。

「陣形なし」では3人撤退A・編成後では1人撤退Sです。2-1のスタート後右にいる敵にエンカウントしています。

「陣形あり」のほうでは中央に命中と射速が上がるM1911を編成して、その陣形効果を全員が受けられるように十字に配置します。

戦闘結果の違い

生命という項目がHPに該当します。戦闘結果がここまで違ってきます。

陣形は陣形効果目的で配置する事、これが重要です。

陣形効果の強化方法

人数増加(改造)段階に応じて、陣形効果も強化されていきます。

低コストでいくならば改造せずにいくので陣形効果は強化できませんが、ハンドガンのキャラクターであればコストが元々低いので、レベル上げ周回の場合は改造してもそれほど資源に影響はでません。

境界が難しいところですが、個人的にはハンドガンを低レベル周回オトモとして同行する場合は全体に効果を及ぼす1体だけ改造しています(そのほうが時間が短縮できます)。

各キャラクターの一覧はこちら

ステータスについて

ステータスの種類

上から攻撃・命中・回避・射速・移速・作戦効能?

このように分類されています。呼んで時の通りの意味です。ここは中国語がわからなくても読めるところですね。

重要なステータス

初期のころは特に命中が特に重要となります。低レベルで陣形も適当にしていると攻撃が結構当たりません。

長期戦になればなるほど、敵が強いスキルを使用する確率も上がります。被害が大きくなると修理する時間が増えて攻略どころかレベル上げもままなりません。

そのため命中を上げる方法を考えることが重要です。

重要なステータスを上げる方法

具体的に命中を上げる方法ですが、当然レベルを上げると上がります。そして、レベルを上げる方法のほかに強化と陣形効果の両方を把握していくことが重要です。

改造(人数増加?)も重要ですが、周回キャラクターは改造しないほうがコストが低くすみますので、必ずやったほうがいい事としては、強化と陣形効果の把握となります。

キャラクター強化の具体的な方法はこちら

レベルが上がってくると装備も選択肢に入りますが、装備は指揮官レベルが少し上がらないと装備建造自体が行えません(装備するにはキャラクターレベルも必要)。

また、装備はキャラクターによって装備可能なものが限られているため、特定のステータスを狙って上昇させることができるわけではありません。

装備の詳細はこちら

陣形効果とステータスまとめ

  • 陣形効果は陣形効果目的で配置する事
  • 命中が重要である事

陣形効果はキャラクター固有なので、変更できません。

そのためスキル以上に陣形効果がどのようなものかを把握して編成に組み込みましょう。

ステータスはレベル以外の強化でかなり伸びます(というかレベルを上げるだけでは伸びない)ので、強化のために低ランク周回をすることも重要です。低燃費無改造キャラで低ランク周回しましょう。

おすすめの陣形についてはこちら