【ドルフロ】装備の基礎と序盤オススメ装備

ガイド

ドルフロ(ドールズフロントライン)ではレベル毎に装着可能な装備があり、最大で一人3つの装備が付けられます。ゲーム攻略に大きく関わる要素です。初心者向けにまとめておりますので参考にしてください。

装備一覧はこちら

装備の基本

ドルフロの装備は場合によってはそのステージをクリアできるかどうかに直結します。特に夜戦攻略では必須ですので必ず装備はしていきましょう。

装備可能なレベル

レベル20で一つ レベル50で一つ レベル80で一つ 合計三つ装備できます。

キャラによって装備できる種類が異なり、キャラ専用装備というものもあります(基本的にイベント限定です)。大枠は銃種類ですが、キャラでも異なりますので注意してください。

銃種類 レベル20装備枠傾向 レベル50装備枠傾向 レベル80装備枠傾向
ハンドガン(HG) 夜戦装備・サイレンサー 弾丸 チップ・外骨格
サブマシンガン(SMG) チップ・外骨格 弾丸 サイト(全種)夜戦装備・サイレンサー
アサルトライフル(AR) サイト(全種)夜戦装備・サイレンサー 弾丸 チップ・外骨格
ライフル(RF) 徹甲弾 サイト(全種)・サイレンサー チップ・外骨格
マシンガン(MG) 徹甲弾 サイト(全種) チップ・外骨格
ショットガン(SG) チップ・防弾チョッキ 散弾 サイト(全種)・夜戦装備

※アサルトライフルは特に装備が一定ではなく、キャラによっては防弾チョッキを装備できますので注意してください。

弾丸はもう少し細かく分けられています。

詳しくは各キャラクターの評価記事・装備一覧に掲載しておりますので、リストから確認してください。

装備可能な表示の確認

どの銃種類がどの装備を装備できるかは個々に決まっていますが、その確認は装備リストから行えます。

倉庫>装備(equip)リスト

ここの一覧でどの装備がどの効果を持ち、誰が装備できるかわかるようになっています。

大事なのは、誰が装備できるかです。赤枠の
〇〇専用=〇〇が装備できる
〇〇使用不可=〇〇が装備できない
という表示のされ方をしているのでよくよく見ないと間違えます。注意してください。

レア毎の装備の必要レベル

レア毎に装備可能レベルが決まっております(例外はあるかもしれないです)。

レア 装備可能レベル
☆5 60
☆4 45
☆3 30
☆2 なし

装備には一つ一つ装備必要レベルが設定されており、レベル20になったとしても高レアの必要レベルに足りなければ装備できません。

そのため初めの頃は高レアより低レアのほうが装備のしやすさはあります。

☆5を入手しても結局60レベルにならないと装備できません。

装備の入手手段

建造で入手

装備製造には条件があります。ネタバレになるので隠します。

タップで入手条件が表示されます
2-5クリアで解放

工房>装備建造

装備製造契約が必要になります。装備製造契約は任務や後方支援で入手できます。

装備建造が一般的な入手方法となります。

黄金レシピはこちら

装備の製造時間はこちら

夜戦で入手

夜戦を周回できるレベルにならないと難しいですが、夜戦装備が無いと夜戦攻略は難しいというジレンマがあります。

そのため先に建造で装備をいくつか集めておく必要があります。

効率としては夜戦のほうが上ですが、高レアは全然集まりません。キャラ入手と同じくらいの確率ですね。

高レア狙いの場合は装備建造から試しましょう。

簡易版!装備の種類紹介

こちらは簡易ですので、参考程度にお願い致します。

大枠の種類

サイト(全種)

オプティカルサイト・レーザーサイト・ドットサイトの3種類に分けられていますが、装備枠としてはサイト(全種)でまとめてしまって問題ないので当攻略サイトでは『サイト(全種)・スコープ(全種)』と表記をしております。

命中やクリティカル率を上げてくれるものが多いです。

夜戦装備

夜戦での命中上昇が基本となりますので、この装備の%が高ければ夜戦有利と思っていただいて差し支えないです。

夜戦の能力補正については追加検証予定です。

サイレンサー

クリティカル率と回避が上昇します。

弾丸

徹甲弾・特殊弾・散弾・高速弾の4つに分けられます。それぞれRF/SGなど装備可能な銃種類で分けられることが多いですが、例外もあるので『弾丸』でひとまとめにすることもあります。

弾丸は種類が豊富なため一概にこうといえませんが、火力を上昇させるものが多いです。

SLUG弾の特別な効果について

通常SGは3体に同時攻撃ができますが、SLUG弾を使用すると1体攻撃に減少します。ただしその攻撃力は通常の3倍となります。(赤いす…)

SLUG弾はSGにしか装備できず、ターゲット数を減らす大きなデメリットがあります。また、その3倍補正はスキルダメージには乗らないので通常任務でSLUG弾を装備するメリットはありません(命中補正があるので命中が欲しい時は例外)。

さらに特別な効果として、敵の装甲を無視して攻撃できるというものがあります。これは装甲の高い夜戦の敵との戦闘時に有用な効果となります。

チップ

特定のキャラクターに固有の装備の事です。入手手段が限定的で建造では出ないはずです(イベント除く)。

その分大幅に能力を増強させるため使えないキャラが使えるようになったりします。評価に影響してくるレベルです。

一部はイベント以外でもドロップするようです。

ほぼ全て☆5なので装備はレベル60にならないとできません。

メンタルアップグレードでも入手できることがあるようです(調査中)

追加調査中

外骨格

回避が大幅に上がりますが、火力が下がります。

防弾チョッキ

装甲が上がり、回避が下がります。SGのみの専用装備です。

弾薬箱

MG用の弾薬箱です。継続戦闘時間(リロードまでの時間)が長くなります。

カモフラージュマント

クリティカルダメージ(クリティカル確率じゃないです)が上昇して移動速度が下がります。

初心者オススメ装備

育て方によりますが初心者オススメは以下となります。

オススメ度合い 装備種類
S 弾丸の徹甲弾
A+ 命中の上がる装備(サイト系)
A 前衛の防御能力補助(SMG=外骨格、SG=防弾チョッキ)
RFのクリティカル補助(サイレンサー・カモフラージュマント)

特にデメリットのある装備(ステータスがマイナスのある装備)は他の効果が高くてもオススメしません。初心者の場合。

プラスだけがある装備を選びましょう。

初心者を卒業した人は、命中から攻撃中心にシフトしましょう。射速は限界値が120のため陣形効果と合わせて強化し過ぎに注意です。

弾丸

一番優先度の高い装備です。

徹甲弾が一番使えます。敵の装甲を貫く装備は夜戦での装甲の高い敵に対して特に有効で、装備してもデメリットが無いです。

弾丸の種類が沢山ある場合は、出来るだけ『破甲』という数値が高いものを選びましょう。

徹甲弾が使えない場合優先度は下がります。徹甲弾は基本RFとMGのみが装備可能なためこの二種は特に夜戦でも強い銃種類となります。

ARは火力を上昇させる弾を装備することでスキルのダメージを上げることが出来ます。

サイト(全種)

オススメは命中上昇ですが、射速が下がりすぎる場合は低レアのほうが高DPSの場合があります。バランスが大事です。

特に命中の低いSGやSMGは装備による恩恵が大きいです。逆にARやRFは命中が高いキャラもいるため会心率などに回してもいいです。

サイレンサー

オススメはRFに装備です。クリティカル率は初期値が40%と高いRFとの相性が良いです。

外骨格

回避が上がります。回避はSMGに恩恵が大きいのでSMG向きの装備ですが、攻撃重視の場合はデメリットの無い低レアのほうがいい場合もあります。

防弾チョッキ

SGは必ず装備したほうがいいです。回避が下がりますがSGの回避はあまり意味がありません。

装備の強化

装備の強化はゲーム中盤以降となります。

夜戦を周回していると余った装備があると思いますのでそれを強化に回しましょう。注意点は強化には資源が必要になるので、装備が余らない限りは装備強化はしないほうがいいです。資源がなくなります。

装備が余ってどうしようもなくなる段階になったらガンガン装備強化してください。

もちろん最高レアの☆5が優先です。レベルが足りなくて装備できなくても最終的には☆5しか使わなくなります。

夜戦装備は強化はできませんが、装備較正で能力を上げることができます。

装備まとめ

装備と人形とでどちらを建造していけばいいか迷うと思いますが、基本は人形優先にし、装備は一日4回(任務が完了できる回数)だけやると資源を消費し過ぎずに確実に装備を増やせます。

まずは人形を揃えて、装備はその後調達しましょう。

夜戦に行く場合は装備を毎回変更する必要があります。夜戦部隊を登録しておくと便利です。