【ドルフロ】宿舎って何ができるの?利用方法まとめ

ガイド

ドルフロ(ドールズフロントライン)では宿舎で様々な事が行えますが、このゲーム中最も難解な部分でもあります。ここでは宿舎の利用方法について初心者向けにまとめておりますので参考にしてください。

2018/12/17 カフェ機能追記
2019/03/25 妖精格納庫機能 追記

わけが分からない

そうですね。宿舎は私も初め何一つわからなかったです。

まず『何ができるのか』から説明致します。

  1. 作戦報告書を作って特定のキャラに経験値を付与できる。
  2. コインを使用して家具やスキンが入手できる。
  3. ペットを捕まえることが出来る。
  4. 快適度が上昇するとキャラの好感度が上がりやすくなる。

初期段階で出来ることは大まかに上の4つです。

上記からさらにプラスされていくかもしれませんが、初期はおそらくこれだけなのでいくつかに絞って説明していきます。

宿舎共通でやらなければならない事

バッテリーを増やす

バッテリーを増やさないと沢山の機能が利用できません。まずバッテリーを増やします。

特定の時間にログインして第一宿舎に行くことで、バッテリーを取得できます。

11:00~14:00の間と17:00~20:00の間の一日2回?です。

第二宿舎以下他の施設には出現しません。第一宿舎のみとなります。

取り逃し防止のため通知をONにしておくのが一番良いです。


通知が来たらコンデンサーが出現しているのでタップしてください。

全宿舎の総快適度が高いと、バッテリーを多く入手できます。

戦友の宿舎を訪問してバッテリーを貰う

回収できるバッテリーの個数はフレンドが解放している宿舎数です。

1日10回まで。

快適度を上げる

快適度が高いと以下の効果があります。

快適度範囲 快適度上昇結果
各宿舎の快適度を上げる 各宿舎にいるキャラの好感度が上がりやすくなる
総快適度(宿舎機能全体の快適度合計)を上げる コンデンサーから取得できるバッテリーが増える

どちらも宿舎の機能の中で重要な要素のため、快適度を上げることを目的にバッテリーを使用しましょう。

好感度システムについてはこちら ※リンク先作成中

バッテリーを使って出来る事

最優先でしなければならない事は、トータル経験値が上限に来る前に作戦報告書を作ることです。

トータル経験値(総経験値)は戦闘後のリザルト画面中央下に表示されており、上限に来るとオレンジ色に変化します。

それができたら他の施設にバッテリーを割り振るという順番になります。

作戦報告書を作って特定のキャラに経験値を付与する

通常作戦で獲得できる経験値には二種類あり、通常の経験値のほかに総経験値という値があります。

この総経験値を使用して特定のキャラに経験値を付与できます。

レベリングに関する詳しい解説はこちらから。

バッテリーは基本的に設備を増強することに使用しますが、総経験値が上限に来る前にバッテリーを使用して作戦報告書を作成する必要があります。

宿舎で右下にある収納庫からギフトにある作戦報告書を使用することでその宿舎(部隊数=宿舎番号)にいるキャラに経験値を与える事ができます。

作戦報告書の使用数とレベル

作戦報告書は編成拡大などの経験値増加とは無関係に固定値で経験値が増加します。そのため途中で編成拡大する必要はありません。

レベル1のキャラに使用した場合

作戦報告書使用数 レベル
1 8
15 30
74 50
235 70
659 90
1088 100

特定のキャラのため一気に使うのもいいと思います。

作戦報告書を妖精に使用する

妖精はゲーム中盤以降にならないと解放されない機能です。妖精が使えるようになると、作戦報告書はキャラよりも妖精に使用するほうが多いので、貯めておいてもいいです。

妖精に関するまとめはこちら ※リンク先作成中

コインを使用して家具やスキンが入手できる

コインの使用用途は家具ガチャです。入手したらガチャします。コインは宿舎関係の任務から入手できます。バッテリーを取って使ったりしていると増えます。

赤枠からガチャ購入できます。

家具ガチャで家具を入手する

家具はコインを使用して入手できます。恒常ガチャはセール(X%オフ)をしていますので数が揃っているなら貯めておくのも手です。ブラックカードの交換率も上がります。※引換券はでない

ガチャからスキンが出る事もあるようです。

家具はレア☆3~5まであり、基礎快適度の上限は10000です。ボーナスは別枠です。

ボーナスはこちら

同じテーマの家具 ボーナス快適度・その他
☆4家具8つ以上 2000
☆5一定数以上(モノによる) 最大8000
☆5全て 快適度プラスふしぎなたまご

ボーナスは高い方のみが適用されます。

ふしぎなたまご

調査中

家具ガチャから入手した引換券を使用してスキンを購入する

家具ガチャ一回につき1枚の引換券が貰えます。

スキン交換には100~200必要になります。スキン以外には家具が引き換えできます。

期間限定なので期間内に交換する必要があります。

期間内に引換券を交換できないと、1:1の比率でコインになります。

期間限定の交換場所は左下になりますが、上画像では期間外のため非表示です。赤枠が所持数。

コインと家具とどちらがいいかは微妙なところですが、スキンと交換できるなら絶対にスキンと交換しておいたほうがいいです。レアアイテムのブラックカードと交換できる可能性が増えます。

ブラックカードで特別なアイテムと交換

すでに解放されているスキンを持つキャラに同一スキンを送ると、ブラックカード一枚を獲得できます。

ブラックカードは家具やスキンと交換できます。

右上が現在の所持数です。

期間限定ではなさそうです。特に好きなキャラのスキンが貰える事が多いので、欲しいキャラが来た時のためにいくつかは所持しておきましょう

一番高価なスキンはブラックカード8枚あれば確保できます

家具を配置して快適度を上げる

家具は入手しただけでは快適度が上昇しません。ちゃんと配置しましょう。


配置は収納ボックスもしくは編集から行えます。

ペットを捕まえる

ペットを捕まえると出来ることは、見た目が可愛い事。そして快適度を上昇させる事の二点のみです…。

機能的にはオマケ要素といって過言ではないです。無理にペットを取ろうとしなくていいです。

優先順位は 総経験値上限が来る前に作戦報告書を作る>家具を取得する>第二宿舎まである程度家具数を揃える>ペットを捕まえる

基礎快適度と別枠で最大3000の快適度上昇があります。

救護室でペットを捕まえるとペット家具が収納ボックスに放り込まれていますので、ペット家具を宿舎に設置することでペットが出現するようになります。

その他画面解説

番号 名称 機能
1 スキン 宿舎内にいるキャラのスキンを変更できます
2 編集 家具を編集できます
3 現在の宿舎の状態を表示します
4 目印 ガジェットを消してキャラと家具のみ表示します
5 訪問 フレンドなどの宿舎を訪問して友情ポイントを獲得します
6 収納ボックス 家具やギフトを確認・使用できます。作戦報告書もここから使用できます。

カフェ

カフェについては別記事でまとめております。

妖精格納庫

解放条件=妖精を一体以上入手すると解放

妖精宿舎はすぐに強化しなくても妖精自体は使用可能です。

宿舎の拡大にはバッテリーが必要です。

機能は4つです。

  1. 倉庫模型の基礎・妖精指令の貯蔵上限増加
  2. 埃を被った鉄道模型・妖精指令の回復量増加
  3. 真っ白な天気システム・妖精の取得経験値増加
  4. 荒れた谷・上3つを強化する基礎設備

まず荒れた谷を強化しないと他の設備は強化できません。初めにメイン設備を強化してください。

妖精格納庫全体の状態確認方法

他の施設と同じように右上にある〇iボタンをタップすると、設備一覧が表示されます。

妖精指令の貯蓄上限増加施設

最大数は初期50で15ずつ増やせます。

50→65→80→…

妖精指令の回復量増加施設

妖精指令の使用回数は時間とともに回復します。

6時間固定です。6時間ごとの回復量が初期5です。

6時間とは3時・9時・15時・21時の4サイクルだと思います多分

5→6→7→…

妖精の取得経験値増加施設

妖精の経験値共有率が1.5%ずつ上昇します。

経験値共有率=経験値取得率 という認識で問題ないです。

妖精の経験値共有率が増えても人形の経験値が下がったりしません。どんどん上げておkです。

5%→6.5%→8%→…

妖精に対して作戦報告書を使用する方法

妖精格納庫では作戦報告書は使用できません。

①部隊に編成し、その部隊と同じ番号の宿舎に移動します。

後は人形にあげる操作と同じです。

②宿舎右下にある収納ボックスをタップする

③収納ボックス内にあるギフトタブ>作戦報告書の贈るボタンをタップ

④浮いている妖精をタップして使用すると経験値が貰えてレベルが上がります。

宿舎まとめ

バッテリーを使って宿舎機能を拡張し、作戦報告書を作る➤快適度を上げて好感度を上げてバッテリーを沢山もらう➤コインを使って家具とスキン入手➤猫を飼う

こんな感じになります。機能が多いわりにやることは快適度上げるだけなんですよね…。そのため周回レベリングなどをしている場合は放置しても大した損失はないです。

妖精格納庫が追加されたことで、宿舎は重要性がだいぶ上昇しました。

やることは今までと同じでバッテリー集めて、改造するだけです。