BF5(BFV) 12月18日のアップデートでTTKが以前と同様になりコンクエストコアが削除

12月12日のアップデートによりほぼ全ての武器について弱体化修正が施されTTKが延長されたのですが、再度TTKを変更すると公式の発表がありました。

12月18日のTTKアップデート

変更というと誤解を生むかもしれませんがTTK延長アップデートが行われる以前のTTKに戻ることになります。この変更に伴い「コンクエストコア」は削除される見通しとなっています。

詳細は省きますがARやSMGなどによる近距離4発キルが復活し、キルタイムの早い以前のゲーム性を取り戻します。

アップデート日時は日本時間で12月18日の午後9時となる予定です。

公式の説明によりますと「TTK延長アップデート以降のデータやコミュニティユーザーの意見を参考にした結果、多くのユーザーがよりキルタイムの早いコアなプレイスタイルを望んでいること、新規プレイヤー及びベテランプレイヤーにとってより良いゲーム体験となるようにするには以前のTTKに戻すことに決めた」というような説明がなされています。(※原文をかいつまんで要約してありますので精確な表現ではないかもしれませんが、ご容赦ください。)

今回特に強調されていたのは「新規プレイヤー及びベテランプレイヤーの両方にとって」という部分が繰り返し説明されていたように感じます。

また公式から今回のアップデートの連続について意見を出されたプレイヤーの方やコミュニティの皆さんへの謝罪の言葉も綴られています。

まとめ

TTKを短縮することによって新規プレイヤーの方がキルを取ることが明らかに難しくなるとともに、敵を倒すまでに必要な手間が増えるため上級者にとっても爽快感を欠くことに繋がっていたのではないかと思います。プレイヤーのレベルは様々ですが、どのレベルのプレイヤーも楽しんでプレイ出来る環境を目指して欲しいと願っています。

(BFVの1プレイヤーとしては、短いスパンでこのような変更を繰り返すことはプレイヤーの混乱を招きユーザ離れに繋がると思いますので、今後は事前の準備期間無しで頻繁にアップデートすることは避けていただきたいと願います。)