【BF5(BFV)】斥候兵の立ち回りやスポットテクニックまとめ

今回は「Battle Field V(bf5)」斥候兵について解説していこうかと思います。

斥候兵とは

前作までは偵察兵と呼ばれていた兵科です。主に長距離の狙撃を得意とする兵科ですが、それ以上に敵の位置をミニマップに表示する(スポット)役割も担っています。
前作まではどの兵科でも敵をスポットすることができましたが、今作は意図的にその仕様が変更されているため敵の位置が更に分かりにくくなっています。そのため斥候兵が敵の位置を味方に教えることが勝利する上でより重要な意味を持っています。

特徴(スポット)

武器の特性を解説する前に少し説明しておきますが、今作の斥候兵は少し仕様が特殊です。望遠鏡を用いて敵の位置を味方のミニマップに表示する(スポット)他に、斥候兵に撃たれた敵が自動でスポットされるようになっています。ですからとにかく敵に弾を当てる技術が要求される上級者向けの兵科になりました。またフレアガンを用いて敵をスポットすることもできますが、かなり範囲が狭く今のところあまり機能していません。
他には出撃ビーコンを設置することで分隊員を設置位置からリスポンさせることができます。これはグランドオペレーションなどではかなり有効で、分隊員を安全な位置から出撃させられます。

武器解説や立ち回り

武器の説明に入りますが、斥候兵が使える武器種はボルトアクションライフルとセミオートスナイパーライフル(セミスナ)の2種類になります。
どちらも長距離から遠中距離での狙撃を得意とする武器ですが、ボルトアクションライフルは1発ずつ弾を装填するタイプの狙撃銃、セミスナはその名前の通りセミオートで弾を発射できるタイプの狙撃銃です。

ボルトアクションライフルは一発ずつしか弾を撃てない代わりに弾速が早く弾道落下も小さめですが、セミスナは弾を素早く撃てる代わりにあまり長距離からは狙えない、といった感じになります。
より長距離から狙撃したい場合はボルトアクションライフル、中距離でも戦いたい場合はセミスナを使うといった使い分けでいいと思います。
上手い斥候兵は近距離でハンドガンに持ち替えたり、クイックショットで敵を倒すこともできますが今作のハンドガンはどれも弱いため、近距離での戦いは本当に難しくなりました。
また前作BF1では適正距離から弾を当てると胴体でも即死させることができましたが、今作はどう頑張っても胴撃ちで2発当てないとキルすることができません。
ヘッドショットをすれば一撃キルが取れるため、どれだけ頭を抜けるかによってキル数が大きく変わってきます。斥候兵を使いこなせるようになるにはかなりの練習が必要になるでしょう。

注意点として高倍率スコープを使うと、構えている間はスコープの光が反射し敵から位置がはっきりと分かります。
位置がバレれば敵が寄ってきますのでバレたかな、と思ったら位置を変えながら立ち回ることを心がけましょう。
またBFVは弾薬不足に陥りやすいため、ずっと長距離で芋をしつつけるのは無理があります。弾がなくなりそうになったら補給所にいくか味方の援護兵に弾を配ってもらいましょう。

今回の記事は以上になります。

斥候兵

Posted by 編集部