DCフィルムズの新機軸となるか?映画『シャザム!』レビュー

映画レビューザッカリー・リーヴァイ

スーパーマン、バットマンといったアメコミヒーローを擁するDCコミックス。
その中で、スーパーマンに匹敵する能力を持ちながら、その正体は少年というヒーロー、シャザムの活躍を実写映画化したのが、2019年公開の『シャザム!』。
DCヒーローの中でも、ひたすら明るく能天気なシャザムの魅力に迫ります。

『シャザム!』ストーリー

フィラデルフィアで、幼い頃に母親と離れ離れとなり孤児となったビリー・バットソンは、14歳で新たな里親となるバスケス夫妻に引き取られることに。しかし、夫妻や他の子どもたちとも打ち解けることはありませんでした。

その子どもたちの中で、足が不自由なフレディにつきまとわれるビリーですが、彼がいじめに遭った際に助けたことで、いじめられっ子から追われる羽目に。

思わず地下鉄に乗ったビリーは、気付くと不思議な空間“永遠の岩”に着き、そこにいた魔術師シャザムによって、6つの能力を持つ勇者シャザムに変えられてしまいます。
「シャザム!」と唱えることで姿を変えられると知ったビリー、そしてフレディは、町中でシャザムの能力を楽しみます。

一方、かつてシャザムの後継者の候補となるも、魔物の魅力に憑りつかれてその座を下ろされた男サデウス・シヴァナが、シャザムの能力を狙うべく、暗躍していました…。

見た目は“大人”、中身は“子ども”なアメコミヒーロー

日本ではスーパーマン、バットマンなどの他のDCヒーローより知名度が低いシャザム。ですが、本国アメリカではスーパーマンより早く映画化されたり、アニメやTVドラマ化もされているほど、長い人気を誇ります。

シャザムの特徴といえば、何といっても少年であるビリーが変身するという点。誰しも子供の頃はヒーローに憧れたりするものですが、シャザムはまさにその願望をストレートに叶えたヒーローといえます。

見た目は“大人”でも、中身は“子ども”なため、ある意味身近な存在でもあります。

シャザムとスパイダーマンは似た者同士?

2002年のサム・ライミ監督版『スパイダーマン』で、特殊なクモに噛まれてウェブ(糸)が出せるようになった主人公ピーター・パーカーが、その出し方がよく分からずに、「シャザム!」と叫ぶシーンがあります。

製作時は、『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』といったマーベル・シネマティックユニバース(MCU)が始動する前だったとはいえ、マーベルコミックスのキャラクターがDCキャラのセリフを喋ることなど、現在ではありえないでしょう。

ただ、シャザムとスパイダーマンには、共通点があります。

スパイダーマンの中で出てくる有名なセリフ「大いなる力には、大いなる責任が伴う」。ピーターもクモの能力を持ったことで過信してしまい、その結果、叔父のベンを亡くすという悲しみを背負います。

だからこそ、自ら得た能力を市民のために使おうと決心します。

『シャザム!』も、最初こそスーパーヒーローの能力を遊び感覚で使っていたビリーでしたが、やがて真のヒーローとして、一人の人間としての責任感を持つようになります。

正体が10代の少年で、成長するヒーローとしての役割を担っていく…両者が高い人気を誇るキャラクターなのも納得です。

ヴィラン(悪役)単独主演作が続々進行中のDCフィルムズ

メガヒット連発となっているMCUと比べると、DCヒーローの実写映画化プロジェクト、DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU、別称DCフィルムズ)は、正直上手くいっているとはいえませんでした。

そのせいか、2019年の『アクアマン』と本作『シャザム!』以降は、ヒーロー同士をリンクさせずに進めています。

さらに、ヒーローではなくヴィラン(悪役キャラ)を主人公にした企画も進行中。

バットマンの宿敵となるジョーカー誕生を描いた、『ジョーカー』の大ヒットは記憶に新しいところですし、2020年3月公開の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』も、ヴィランたちが主人公の映画です。

実はシャザムの宿敵ブラックアダムの単独作も、ドウェイン・ジョンソン主演で進行中。当初ブラックアダムは、『シャザム!』に登場する予定でしたが、彼がシャザムに匹敵するほどの人気を誇るキャラだけに、単独での映画化にシフトチェンジしたもの(『シャザム!』のプロデューサーにドウェインの名があるのはそのため)。

子どものころからブラックアダムのファンだったという、ドウェインのなりきりぶりに期待したいところです。

まとめ

『シャザム!』の舞台がフィラデルフィアなのにも、実はちゃんと意味があります。
アメリカが建国して最初の首都があったフィラデルフィアは、別名“友愛・兄弟愛”の街と呼ばれます。

もうお分かりだと思いますが、孤独だったビリーがヒーローとして成長するだけでなく、新たな家族や兄弟を得ていくというストーリーと、フィラデルフィアという街がリンクしているのです。

続編製作が決定している『シャザム!』ですが、ラストのおまけシーンを鑑みても、他のDCヒーローとも絡んでいく可能性が高そう。

シリアステイストが強かったDCEUの中でも異色な、ヒーローの今後に注目!