福島第一原子力発電所の事故を描いた映画『Fukushima50』は、賛否両論のヒューマンドラマ?

映画レビュー佐藤浩市

福島第一原子力発電所の事故を描いた『Fukushima50』が、2020年3月6日より全国公開中です。

東日本大震災の最前線で闘った人々を描いたドラマとして話題の本作ですが、観た人によって評価が分かれています。傑作?それとも駄作?

『Fukushima50』ストーリー

2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が発生。それにより想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(通称イチエフ)を襲います。

浸水で全電源を喪失し、原子炉を冷やせない状況に陥ってしまったイチエフ。このままでは炉心溶融(メルトダウン)による被害をもたらしてしまうため、それを防ぐべく、1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に取り組みます。

全体指揮を執る所長の吉田は、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に憤りを露わに。しかし、事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまいます。

被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算されるなか、伊崎らは、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業“ベント”に踏み切ることに。

外部と遮断された状況下で、ついに作戦は決行されます…。

メディアでは報道されなかった原発事故の舞台裏に迫る

東日本大震災で甚大な被害を受けた福島第一原発の中で一体何が起きていたのか。本作は、その真相に迫る内容となっています。

原作は、90人もの関係者への取材をまとめたノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』。津波で排水が溢れてしまったトイレの惨状や、吉田所長と視察に来た当時の首相との衝突など、メディアでは伝わりきれなかったエピソードが明かされます。

また、中央制御室や緊急時対策室といったシーンはセットで撮影されていますが、細部まで実際の発電所のデザインをそのまま採用するなど、忠実に再現。

ドラマ要素としては、佐藤浩市演じる伊崎が、娘が15歳年上の子持ち男性との結婚に反対しているといった家庭内事情なども盛り込み、深みを与えています。

傑作?駄作?評価は賛否真っ二つ

本作を一足先に観た一般客からは、「リアリティが凝縮された本作のドラマを見て、胸を打たれた」「3・11がより鮮明になった」(いずれもTOHOシネマズマガジン2020年2月14日号より)など好評の声が上がっています。

一方で、映画雑誌「キネマ旬報」での星取評では、3名のレビュアー全員が5段階評価で★(星)一つ。辛口で知られる同雑誌のレビューですが、全員そろって最低評価というのも、近年では珍しいかも。

コメントを要約しても、「佐藤浩市と渡辺謙の悲壮演技の応酬がウソっぽい」、「責任の所在をうやむやにしたまま満開の桜に涙する展開に呆然」など、酷評の嵐です。

真実を取るか、ドラマ性を取るか

確かに、気になる点はいくつかあります。

所長の吉田昌郎は実在人物であり、役名もそのままですが、総理大臣などの官邸側の人物は一切個人名が出てきません。事故当時の首相は菅直人ですが、劇中では「菅」と名乗りもしませんし、表記すらされない。

テレビ局内で起こったセクハラ事件を扱った、被害者も加害者も全員実名で登場する2月公開のアメリカ映画『スキャンダル』と比べても、異様なほどの不自然さを感じます。

首相を「敵対人物」とみなすストーリー展開も首を傾げたくなりますし、そもそも本作における「敵」は必要なのか?という疑問も湧き出るほど。

原作『死の淵を見た男』を書いた門田隆将は菅本人にも取材していますが、映画化する際、製作スタッフは菅サイドには取材しなかったのだとか。

取材しなかったのか、取材できなかったのかは分かりませんが、どうにも画竜点睛を欠いた作りになっているのは否めないあたり。

前述した伊崎の個人的エピソードも、観る人によっては蛇足と感じるかも。

全体的に、実際の出来事とフィクションドラマ要素のバランスが取れていない、そんな印象を受けます。

まとめ

災害大国と言われる日本では、毎年のように地震や水害などと向き合わざるを得ません。

東日本大震災が発生して9年。感想は人それぞれでしょうが、本作『Fukushima50』からは、少なくとも当時の惨状を風化させてはならないという意図が感じられます。

佐藤浩市と渡辺謙を中心とするキャスト陣も熱演していますし(首相役の佐野史郎のエキセントリック演技にも注目)、事故のシーンもすごい迫力に仕上がっています。

コロナウィルスの影響で、観たかった映画が公開延期してしまったと嘆く方は、これを機にチェックしてみてはいかがでしょうか。