崩壊と再生、家族の肖像『パリ、テキサス』のレビュー

映画レビュー

『パリ、テキサス』
1984年公開
出演…ハリー・ディーン・スタントン(エイリアン、グリーンマイル)
ナスターシャ・キンスキー(ワン・フロム・ザ・ハート、テス)
ディーン・ストックウェル(エアフォース・ワン、レインメーカー)
オーロール・クレマン(エル・スール、ゴダールのマリア)
ジョン・ルーリー(ストレンジャー・ザン・パラダイス、スモーク)
監督…ヴィム・ヴェンダース(ベルリン・天使の詩、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ)
撮影…ロビー・ミューラー(都会のアリス、ダンサー・イン・ザ・ダーク)
音楽…ライ・クーダー(マイ・ブルーベリー・ナイツ、ストリート・オブ・ファイヤー)

ロードムービーの金字塔的作品で、後世の映画のみならず、様々な芸術に影響を与えた。1984年度、第37回カンヌ国際映画祭、パルムドール受賞作品。

ストーリー

テキサスの砂漠をあてもなく放浪する男が力尽きて、病院に運ばれる。彼の名前はトラヴィスといい、4年間行方不明で記憶を失っていた。迎えに来た弟、ウォルトは彼を自身の家に居候させることにする。それには理由があった。トラヴィスには息子ハンターがおり、ウォルトが引き取っていたのだ。4年ぶりの再会。そして彼らには何があったのか。母親は?ふとしたきっかけから、トラヴィスとハンターの母親探しの旅が始まる。

旅人から見たアメリカ

タイトルにもなっているパリ。フランスのパリではなく、テキサス州にあるパリであり、劇中での重要な場所となる。今作の監督はドイツ出身のヴィム・ヴェンダース。撮影監督はオランダ出身で、ドイツでも活動していたロビー・ミューラー。本作の原案は俳優、サム・シェパードの短編集。それを元に物語を膨らませていった。
ヴェンダースは約3ヶ月かけて、テキサス州などをロケーションハンティングし、その土地に触れ写真を撮った。綿密な物語構築、撮影準備を終え、作品制作に取り掛かった。この作品のアメリカはどこか絵画的であり、他の作品ではあまり見たことがない鮮やかな色彩がある。ここからはあくまでも推測ではあるが、アメリカ人が制作していないからこそ、この様なビビットな映像になった様に思う。実際日本人な私からして、アメリカは憧れの地である。映画の中でしか見たことのない世界。おそらく、この作品に出てくる風景は、外国人から見た、美しいアメリカではないだろうか。ヴェンダースとミューラーから見たアメリカ。2人の手腕とセンスもあいまって生まれた、美しい作品である。

トラヴィスと家族の姿

主人公のトラヴィスを演じたのは、ハリー・ディーン・スタントン。ヴェンダース作品の他、デヴィッド・リンチやジョン・カーペンターなど、インディーズよりの作品に多く出演している名優である。デビューした1956年から2017年に死去するまで100本以上の作品に出演した。今作では、セリフが少ないにもかかわらず、トラヴィスの中に流れる歴史を感じさせる、渋い演技を披露していた。いわゆる『メソッド演技』で、彼自身の役者経験や人生経験から演技を引き出していた。
物語終盤に登場するナスターシャ・キンスキーが演じたのは、トラヴィスの妻ジェーン。セックスショップでのトラヴィスとの会話シーンは、映画史に残る名シーンで、繊細な感情の変化を見事に表現していた。
今作品の役者陣の演技は全体的にマイナスの演技で、とても情緒的。そのおかげでラストに湧き上がる感情が一層引き立っていた。

ライ・クーダーのスライドギター

この作品の音楽を担当したのは、グラミー賞受賞経験のあるミュージシャン、ライ・クーダー。彼はスライドギターの名手で、この作品でヴェンダースと初タッグ。空虚なアメリカの荒野、悲しみにくれる人々。本作の作風と、クーダーの音楽が見事のマッチングしていた。
のちに『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』『エンド・オブ・バイオレンス』で再びウェンダース作品に参加する。

まとめ

広大なアメリカの土地を舞台に展開される、とてもミニマルな物語。対比によってより際立つ家族の再生の物語に、観客は涙してしまうだろう。35mmミリフィルムに、色彩豊かに焼き付けられた風景は、私たちの思い出となり流れていく。美しくもはかない物語、魅力的な登場人物たち、私の中で『パリ、テキサス』は、人生のうちで何度も見返してしまう映画になった。