『隻狼-SEKIRO-セキロ-』海外評価レビュー・メタスコア

海外レビュー海外レビュー, sekiro, 隻狼, メタスコア

2019年3月22日0時に発売予定の SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)の海外レビューを翻訳しています。まだプレイするか迷っているあなたは、こちらの海外レビューを参考に無料ダウンロードをするかどうか決めてみてください。

『 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)』の詳細

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)の詳細
発売日 2019年3月22日
発売元 フロム・ソフトウェア
ゲームジャンル アクション
値段 ¥7,600円(税抜き)
対応ハード PS4/Xbox One/PC(Steam)
商品情報 パッケージ版/ダウンロード版
公式サイト SEKIRO SHADOWS DIE TWICE official page

Dark Souls(ダークソウル)やBloodborne(ブラッドボーン)シリーズで、大ヒットした「フロム・ソフトウェア社」からの完全最新作SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)が、2019年3月22日の0時に発売されます。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)の舞台はズバリ「日本」です。

くらい欧風な世界観が主流だった、フロム・ソフトウェア作品とは一風変わって、日本人に非常に親しみやすい京都のような世界観の中を旅していきます。

素晴らしい独特のファイティングスタイルはもちろん健在で、他作品同様に難易度は「激ムズ」ですので、非常にやり込みがいのあるゲームとなっております。

詳しくは、「 SEKIRO SHADOWS DIE TWICE official page」をご覧ください。

『 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)』の海外レビュー一覧

※こちらの評価は100点満点です。

本作の平均評価(89/100)

評価(95) : Atomix

個人的には、主人公が剣を使ってストーリーを進めていくゲームは、一度もプレイしたことがないんだよね。あと、剣をつかたゲームだとなぜか「古臭いコントローラーを使ってプレイするゲーム」というイメージを連想させてしまう。でも、 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)に関しては、今までのイメージを完全に払拭する内容だと思う。 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、日本の歴史の一部を切り取ってストーリーにしている作品だから、日本のことを知らないと面白くないと勘違いしてしまうのはすごく勿体無いよ。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、あなたが今までに一度も体験したこと内容なゲーム性を与えてくれるから、非常に興味深い作品だと思う。だから、剣を使ったストーリーベースのゲームをやったことがないなら、 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)があなたの中で新しいジャンルを切り開いてくれることを約束するよ。もちろん、剣を使ったゲームや歴史的なゲームが好きなら絶対に買うべきだ思うよ。

本作品を通して、多くの人たちが新しいジャンルを楽しむことになるだろうし、ゲーム開発者側も今後この手のゲームを継承していくような歴史的作品になると思う。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、Dark Souls(ダークソウル)と同じ会社が出しているから、同じ世界観に、忍者や侍がいるだけのゲームだと過小評価しているなら勘違いだよ。

間違いなく神ゲーな『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は絶対に買うように。

評価(95) : PlayStation LifeStyle

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、みんなが予想していた『Dark Souls(ダークソウル)』や『Bloodborne(ブラッドボーン)』と違って、フロム・ソフトフェアは、独自の良さを残しつつ、ゲーム性を引き出しているし、ストーリー性に関してもかなり改善してきたと思うよ。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、正直難しいけど自分のプレイヤースキルを磨くことで、必ずクリアできるゲームだから、一言で表すと「フェア」なゲームだと思う。

今日たくさんのゲームが発売されていて、例えばバトルロワイヤルなんかのジャンルが多く発売されていると、類似作品がかなり増えてきている中でも、 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、全く違った新しい風をゲーム業界に吹かせてくれるほどユニークな作品。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、敵のレベルがストーリーと共に上がっていく中で、自分の実力もしっかりとあげないといけないことから、かなり没頭する必要があるね。

ゲーム内容がどんなに難しくても、困難を乗り越えた先に待っているゴールは素晴らしいものだと予想しているよ。

評価(95) : IGN

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、フロム・ソフトウェア社独特のフォーミュラからさらにスタイリッシュに進化したアクションゲームだね。バトル面では、単にデザインがかっこよくなっただけじゃなくて、より正確に・スキルが問われるやり込みがいのあるゲームになったと思う。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)では、ステルスキルで相手を後ろから倒したりするんだけど、我慢強さが重要だし、ある意味色々な恐怖に立ち向かっていかないといけないからね。

さらにフロム・ソフトウェア独自のファイティングスタイルには毎回感心させられるし、ゲーム内の武器を使用するにあたってもすごくスムーズなんだよね。

フロム・ソフトウェアから発売された、別の傑作の良さを引き継ぎつつ、 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)らしさもしっかりと保てている本作品は非常に素晴らしいとおもった。

評価(90) : Gameblog.fr

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、非常に素晴らしいゲームだと思います。フロム・ソフトウェア独自のファイティングスタイルと、数多の暴言要素、そして何よりもその作画が素晴らしいから、マストハブ(買わないと損)ゲームだね。

評価(90) : Game Informer

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、非常に難易度の高いゲームだと思います。本作の世界観は、一言で言うと「奇妙」で素晴らしい世界という感じのイメージです。ゲーム内容的にも、自分のファイティングスキルをしっかりと鍛えないと先に進めないからやりがいのあるゲーム内容です。

Dark Souls(ダークソウル)同様、敵との戦いが体力ギリギリになる中でスリルを感じながらも先に進まないといけない感じがたまらないね。なんども悔しい思いをしながら死んでいくのもその楽しみの一つだと思う。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、正直言って「自分の人生の中でプレイしてきたゲームの中で一番難しい」と思います。でも、難しい中でもたくさんの冒険や探検を僕の大好きな忍者になってできるし、本作品での冒険は最高に満足度が高いです!

評価(88) : COGconnected

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、プレイヤースキルの低い僕でも非常に楽しめたゲームでした。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)と同じ会社(フロム・ソフトウェア)から出ていることもあって、過去作の「Soulsborne(ソウルボーン)」の良さを組み込みつつ、新たな冒険と素晴らしい世界観の中で奇妙な強敵と戦っていくファイティングスタイルは非常に魅力的だと思います。

個人的な話になるけど、私は一度 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)をクリアした後に、2週目に励んでいるよ。1週目では、出会えなかったボスと戦うのがメインの理由なんだけど、Shinobi Tools(SEKIROで登場する武器)をアップグレードしたり、ファイティングスキルも磨くこともできるから噛めば噛むほど面白い作品です。

評価(85) : XGN

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、フロム・ソフトウェア独特の「ソウルらしさ」をしっかりと守りつつ、本作品を完成させているから、「昔ならではのコンセプトを忘れない」というメッセージにも取れるね。

ただ、Dark Souls(ダークソウル)作品と比べるとフォーミュラを大きく変更しているから別作品に一見見えてしまうんだけど、実際にプレイしてみるとソウルらしいあの独特の難しさや世界観に触れることができるから非常に面白い作品です。

評価(85) : Jeuxvideo.com

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、技術的にも非常に素晴らしいゲームだと思うし、作品内での一切の妥協を許さないから、オンラインゲームみたいにエラーがほとんどないと言っても過言ではないところが魅力的だと思う。もし、本作品が過去作品と比べてあまり結果が出なかったとしても、長い間「傑作」として生き残る作品になると思う。

評価(85) : JeucActu

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、Dark Souls(ダークソウル)や、Bloodborne(ブラッドボーン)をリリースしている、フロム・ソフトウェアの作品だから非常に高い期待が寄せられていると思うんだけど、本作品を見れば、この会社にどれだけ才能があるのかって言うのがわかるから素晴らしいと思います。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)のファイティングスタイルは、横に並ぶものがないし、繊細さもかけていないところが本当にすごいです。

現時点で SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、世界で一番面白いゲームだと思います。

評価(80) : Hardcore Gamer

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)は、日本の美しい歴史的な背景を元にゲームを作っていて、フロム・ソフトウェア特有のゲーム性をしっかりと組み込んでいるから素晴らしいパッケージになると思います。ファンのみんなも絶対にハマるゲーム。
Dark Souls(ダークソウル)やBloodborne(ブラッドボーン)同様、難易度が非常に高いからなんども死ぬことになるんだろうけど、なんども立ち上がってスキルを磨きながら先に進んでいく過程も楽しめる素晴らしいゲームだと思います。

評価(80) : IGN Japan

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)の欠点を先に挙げるとすると、同じような敵がなんども登場してきて面倒な戦いをしないといけないところ。多分、ファン目線だともっと違った種類の敵と戦いながらマップ内を探検していくほうが面白かったんじゃないかなと思います。

あとは、難易度が高すぎて各エリアのボスを倒さないと自分自身を強化できないから、非常に難しいと思った。

まあそんなこと言っても、本作品は一言で言うと「神ゲー」です。

フロム・ソフトウェアからの作品の中では「剣術」を使ったファイティングスタイルは、ユニークで新しいから面白いと思ったし、今までの作品以上に洗練された細かいファイティングシーンは魅力的です。

シンプルなレベリングシステムを採用しているけど、強い敵を倒さないとレベルが上がらないのでシンプルが故に難しくなっているし、マップ内をなんども走り回らないといけないことも考慮すると、シンプルだからと言って簡単と言う訳ではないことがわかります。

フロム・ソフトウェアのDark Souls(ダークソウル)やBloodborne(ブラッドボーン)シリーズの、ファイティングスタイルも好きだったけど、 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)に関しては、これらの2作品と比べても頭一つ出てるね。

 

『 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)』の入手方法

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 機種を選択する
  3. 必要事項を入力する
  4. カートに入れる
  5. 完了!

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)の購入方法は、こちらの5つのステップを踏めば完了します。

たくさんのバリエーションがあるので、少々値段は高くても後悔しないようなお買い物を心がけると良いかもしれません。

シリーズ最高傑作の SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ)をぜひ一度プレイしてみてください。