【事前情報】ファイアーエムブレム風花雪月の現時点で公開されている最新情報まとめ

Switchファイアーエムブレム, 風花雪月, FE風花雪月

E32018にて発表された本作はファイアーエムブレム(以後FEと呼称)の最新作であり、FEif以来の新ストーリーが再び描かれます。発表当時や続報の発表時にはツイッターのトレンド入りを果たす等、その多大な人気は見て取れます。今回はFE風花雪月の発売時期に関する情報や世界観等、既に発表された情報に関してまとめます。

世界観について

FEにおいて最も重要視される要素として世界観が挙げられますが、その世界観はシリーズ毎によって異なります。その世界観は2019年2月14日に放送されたNintendoDirect内にて発表されました。その独特な世界観をまずはご紹介します。

三つの大国からなる世界

今作主人公が戦う舞台はフォドラと言われる大陸です。

その大陸は三つの大国に分かれており、千年以上の長い歴史を持ち兵力によってフォドラの半分を占めるアドラステア帝国。

その帝国の北側に位置し、寒冷な大地に聳え立つファーガス神聖王国。

そして王が存在せず有力貴族のみで築かれたレスター諸侯同盟領です。

過去には三国による戦争もあった様ですが現在では均衡が保たれている様です。

主人公の生い立ちについて

今作の主人公はFEifやFE覚醒の様にマイユニットを作成し戦場にその身を投じる事になります。しかし今までの主人公とは違い、教師と言う立場になって生徒達を育てるという少し特殊な物です。

ガルグ=マグ大修道院にて主人公は最初に三つの学級から一つを選び生徒達を育てる事になります。

主人公と共に教鞭を振るう者

主人公が選ぶ学級にはそれぞれ級長という学級を纏める存在が居ます。選択によってそれは変わり、アドラステア帝国の皇女「エーテルガルド」を始めとした三人が主人公を支え、共に歩んでいく事となるでしょう。

ゲームシステムについて

FEの特徴の一つとして独特なゲームシステムが上げられます。それは新作を出す度進化を続け、ユーザーやファン達を飽きさせないものに仕上げ続けてきました。

今回も様々なシステムが変更されより一層魅力的になったシステムについて説明します。

教師としての役割を果そう

主人公は教師としてカルグ=マグ大修道院に通う生徒達の教育を行ないます。これは前作における成長要素を更に進化させ、物語との結び付けを強くしたものです。

前作までの戦闘でのみの強化とは違い、キャラごとに違う特性を教鞭と言う形で強化する事が出来ます。また前作におけるクラスチェンジにも変化が加えられ、試験に合格する必要性が出来ました。

そして前作の支援会話はクラス内における交流と言う立ち位置に属し、絆を深めれば連携を組む事も可能になります。

指揮官としての実力は戦場でこそ輝く

主人公の率いるクラスはセイロス騎士団という組織と共に各地で起きる問題を解決します。課題として反乱鎮圧等を任せられ、実戦を行なう事になります。

但し課題とはいえ戦場である事は変わらず、その戦場で仲間達が死んでしまう可能性があるFEらしさはしっかりと残されています。

主人公と密接な関わりを持つ少女ソティス

今作のストーリーの全容はまだ明かされてはいませんが、ソティスという少女が重要な人物になるのは間違い無いでしょう。

その少女は主人公が教師を始める時期と同時に主人公の脳内にのみ現われ、主人公を導くと言い放ちます。謎に包まれたその少女は一体どの様な存在なのか、続報を待ちましょう。

本作を手懸ける人達

本作はファイアーエムブレムシリーズを手懸ける株式会社インテリジェントシステムとファイアーエムブレム無双やアトリエシリーズ等を発売している株式会社コーエーテクモゲームスが手を組み開発を進めています。

アクエリオンEVOLやうたの☆プリンスさまっ♪のキャラクターデザインを担当している倉花千夏さんが本作のキャラクターデザインを勤めています。

発売日と限定版の販売情報まとめ

FE風花雪月の発売日は2月14日に発表された情報に記載されており、2019年の7月26日に発売する事が決定されました。

E32018の初報から約半年間音沙汰も無く、ネットでは発売延期等の様々な噂が立ちましたが無事発売日の発表もあり安心した方も多いでしょう。

またそれと同時に限定版の発売も決定し、希望小売価格も発表されました。限定版はパッケージ版でのみの販売を予定しており、内容物も豪華なものとなっております。

ゲーム内に収録された全33曲のサウンドトラックCD、スチールブック仕様のSwitchカードケース、そしてオリジナルアートブックが同梱します。FEファンの方々は購入を検討してみては如何でしょうか。

最後に

現時点で公式が発表した内容は以上となります。今作には未だ不明な点は多く、これから先のNintendoDirect内及び公式サイトの情報にも眼を光らせていきましょう。そしてFEファンの皆様もゲーマーである私も楽しめる作品になる事を祈りましょう。