『ドラゴンズドグマ2』は望み薄?伊津野氏「プロジェクトチームは解散してしまった。」

PS4 速報ドラゴンズドグマ2, カプコン

昨年海外大手メディア”ユーロゲーマー”のインタビュー内で、シングルRPG『ドラゴンズドグマ』の続編となる『ドラゴンズドグマ2』の開発に意欲を見せていたカプコンの”伊津野英昭”ディレクターですが、数日前に別の海外メディアのインタビューに応え、『ドラゴンズドグマ』を作るためのプロジェクトチームが解散してしまったこと、現在は別のプロジェクトの準備中であることが明らかになりました。

▶海外インタビューの一部を抜粋して紹介

・ドラゴンズドグマシリーズが発売されてから本作の続編を望む声は非常に多いが、伊津野氏は難しい選択の中で「デビルメイクライ5」の制作に踏み切った。

・伊津野氏は、カプコンのCEOである””辻本憲三”氏と話をした時に、デビルメイクライ5(DMC5)とドラゴンズドグマ2を作りたいことを伝えた結果、”辻本憲三”氏は、君の好きなほうを作っても良いと仰ってくれたので、DMC5を制作することになった。

・その後、DMC5が完成しました。
伊津野氏はドラゴンズドグマ2のアイデアを持っていたのですが、DMC5のプロジェクトチームは解散してしまい、作れなくなった。

・伊津野氏は常に4つの異なるタイトルのアイデアを保有しているが、作りたいタイトルと作らなければいけないタイトルには違いがある。

・現在、新たなプロジェクト発足に向け準備を進めている段階だが、それが何のタイトルなのかはまだ伝えることはできない。
しかし、伊津野氏はその仕事に取り掛かるのを非常に楽しみにしているとのこと。

▶source(※海外サイトに移動します。)

ドラゴンズドグマでないとすると噂のジャスティス学園3でしょうか?
伊津野氏の作るゲームは独創的で非常に面白いので、ドグマの続編が作られることを願って楽しみに待つとします。

今回の記事は以上となります。