【PS4版PUBG】初心者向け、安定性重視でドン勝を狙う立ち回り

PUBGPUBG

操作にも慣れてきてドン勝を視野に入れてプレイする方も増えてきたのではないでしょうか。

そこで今回はキル数こそ伸びないものの、「安定して高順位を狙っていける」初心者の方におすすめの生存重視でドン勝を目指す立ち回りを紹介します!

まずは落下~序盤の立ち回りから

降下先は飛行機の軌道からある程度離れた街を選びます。
降下中にフリールックを使って同じ街に降りる敵の数と場所の確認は忘れずに。

街に降りたら、武器やアイテムを漁ります。
慣れてくれば漁るスピードも上がりますのでとにかく必死に漁りましょう。

必死になってもエリアの確認は忘れてはいけません。

フェーズ1のエリアが決定したらすぐにマップを開いて一度確認します。

ある程度武器とアイテムを揃えたら車を探しましょう。
車探しに移行するタイミングは残り時間とエリアとの距離と相談です。

車の場所も慣れてくると掴めてきますが、大通り沿いに湧くことが多いです。

エリアの端にある街か集落を目指して運転してエリアに入ります。

降下した場所がエリアの中心になってしまった場合は、あえてエリアの端に移動することで安全に立ち回ることが出来ます。

落下~序盤に端意識で立ち回る長所・短所

長所 短所
安全に漁ることが出来る 漁る時間が短い

中盤の立ち回りについて

序盤と同様に集落を漁って次のエリアの端に向かって移動します。
序盤と違うところは

  • 接敵確率が上がっていること
  • 少し余裕をもってエリアに向かうこと

です。

フェーズ2からはエリアもだいぶ小さくなっていることから多くの場合このタイミングで接敵します。
そろそろ接敵するぞと警戒しながらプレイしましょう!

ギリギリでエリアに向かうと先に待たれている可能性があります。
その場合自分はエリアに追われているのに相手は追われていない、かなりの不利対面になってしまうので少し余裕をもってエリアに向かいます。

中盤に端意識で立ち回る長所・短所

長所 短所
エリアを背にしているので後ろを警戒しなくてよい 先にエリア内で待たれてしまうと不利

終盤の立ち回り

終盤になってくると序盤・中盤とは勝手が変わってきます。
主な変更は

  • エリアの収縮が非常にはやくなる
  • エリアダメージが致命傷レベル

という点です。

これまでよりもはやめにエリアに向かいつつ、敵を倒す必要があります。
ドリンクや鎮痛剤をあらかじめ飲んでおくことも視野に入れたいタイミング。

エリア側よりも左右の敵を意識しましょう。
エリア内にいる敵は四方八方から狙われているため意外とこちらを撃ってくる確率は低いです。

しかし左右にいる敵はこちらを排除しないとエリアに向かえないと考えているため積極的に発砲してきます。

このタイミングが重要な2回目の接敵タイミングです。

終盤に端意識で立ち回る長所・短所

長所 短所
左右の敵さえ倒せればエリアに入れる エリア収縮の脅威とも戦うことになる

最終版の立ち回り!

特に意識したいのは残り人数が自分を含めて残り3人になったときです。
このタイミングで残りの2人が戦っているところに横やりを入れることが安定した勝利に繋がります。
自分以外の2人が戦ってくれた場合は格好のチャンスです。
好機を逃さないようにしましょう。

先に戦闘になってしまいそうな場合や、1on1になってしまった場合にはスモークグレネードなどの投擲武器を使用して有利対面に持ち込みましょう。

最終盤に端意識で立ち回る長所・短所

長所 短所
敵同士が先に戦闘を開始してくれる可能性が高い 1on1になって敵がエリア内にいる状況になると不利

 

初心者向け、生存重視の立ち回りまとめ

エリアの端にいることを意識する立ち回りの全体的な長所と短所

長所 短所
接敵する可能性・回数が低く安定した順位に繋がる 漁る時間が短く万全の装備で挑める確率は低い

また、このような立ち回りはがつがつキルを取れる人が好まない立ち回りなのも事実です。

すると、こちらと同様に端意識の立ち回りをして、同じような場所にいる相手はキルを取ることが出来ない・得意ではないプレイヤーである可能性が高いといえます。

「上手すぎる人と対決したくない」そうは言ってもドン勝つは取りたい、「できれば同じぐらいの人と戦いたい」という初心者の方にはオススメの立ち回りです!

PUBGPUBG

Posted by 田口仁