【ブラサバ】突き武器の特徴からおすすめのキャラまで知っておきたいポイントを解説!【初心者向け】

BlackSurvivalブラサバ, ブラックサバイバル

Black Survivalにはキャラクターそれぞれに得意・不得意な武器の種類が全7種存在します。

戦うためには必要不可欠な武器ですが、熟練度や武器によって威力はもちろん戦い方や立ち回りも変わってくるのがBlack Survivalの戦略性の高さと奥深さにつながっています。

今回は全七種の武器の中から『突き』武器についてご紹介します。

突き武器とは?属性について学ぼう

突き属性武器は刃物、槍等の性能と外見を持つ武器で、刺突に特化したものを指します。

錐の様な日用品を含め、斬るよりも刺すことに特化したものは突き属性へと分類されますが、一部武器には斬り属性を併せ持つものも存在します。

突き属性の実験体を試してみるときにオススメなのはフィオラです。

攻守のバランスが平均的なステータスと、近接武器について回る武器破壊の脅威を回避できるスキルを持つため、お試しとしてプレイするのに適した安定感のある運用が見込めます。

突き武器の特徴

突き武器は一部に斬り属性を併せ持ったものが存在し、突き属性として使用していても斬り属性武器同様に「鈍化」が発生します。

また、斬り・突き属性武器は作成過程にどちらか片方の属性しか持たない場合があるため、作成途中の武器を装備して素材を探すことが困難なものも存在します。

兼用属性を持つ武器を目標として制作ルートを辿ると、高い確率で斬り属性武器を制作するキャラクターとの遭遇率が高くなりがち。

対戦相手のある程度の武器属性を見極めて制作ルートを変える柔軟な対応が求められます。

突き武器の紹介

突き武器には各種等級に合わせた様々なレシピが存在しますが、一部の武器には装備することで特殊なスキルが発動します。

鈍化を防ぐスキルを持つ特殊な突き武器

プラズマソードの様な、制作にレーザーポインタを使用する武器には「光学武器」スキルが発動し、スキル効果で鈍化が発生しません。

作成過程が斬り属性のみであることで制作中のアイテム残数管理は難しいですが、アイテムの入手率次第では一考の余地がある武器です。

回復スキルを持つ特殊な突き武器とは

ランダム配置素材である聖なる血を使用した突き武器であるロンギヌスの槍は、対戦相手のプレイヤーのトドメを刺すと自分の体力を回復できる特殊なスキルを持ちます。

野生動物では効果が発動しないスキルですが、最終局面において複数の生存者がいる乱打戦に持ち込んだ場合にスキルの恩恵が大きいのが特徴。

聖なる血を獲得した時点で禁止区域に寺が設定されていなければ、一か所で制作まで運べる簡易さも魅力的です。

攻撃力が上昇する特殊な突き武器とは

ランダム配布アイテムに頼らず最初の局面から作成可能な方天戟は、体力が半減したときに攻撃力が上昇するスキルが常時発動します。

対戦相手の装備が整わない序盤ならば、50%以下の体力でも十分に攻撃的な立ち回りが可能な場合が多く、体力管理に気を付けるだけで攻撃面で優位に立ちまわることが可能です。

突き武器を使う上で知っておきたいポイント

突き属性武器には戦いを有利に進める様々なアイテムや、逆に相手にする際に注意すべきアイテムが存在します。

立ち回りに活用することで優位な立ち位置を確保しましょう。

相手の動向に注意が必要な武器

ランダム配置素材である聖なる血を使用したダインスレイヴは、使用素材も少なく終盤でも作成が可能・攻撃力の上昇が見込める優秀です。

しかし、斬り属性が兼用であることから、最終局面では素材の奪い合いになる場合もあります。

また、被ダメージが上昇してしまうペナルティが存在するため、自分のステータスや回復アイテムの残量・生存している対戦相手の属性などから判断して作成に踏み切るかを考える必要があります。

相手を見極めて作るべき腕装具の製作

ソードストッパーはランダム配布素材を必要とせず、比較的必要アイテムが少ない状態で作成可能な腕装備です。

兼用武器の存在で斬り属性の相手と戦う機会が多くなりがちな突き属性武器の制作時には、ソードストッパーのスキル「刃の損傷」が有効に働きます。

逆に、自分が兼用武器を使用中にソードストッパーを装備した相手を攻撃する際には、鈍化の発生に注意が必要となります。

戦う前に確認を!注意が必要な装備~頭~

騎士団長のかぶとは、突き属性で攻撃された際の被ダメージを10%減少させる効果を持ちます。

これは兼用武器を使用していても熟練度が突き属性に依存している場合は必ず発生するため、対戦相手に攻撃を仕掛ける際には注意が必要です。

およその自分の攻撃力よりも与ダメージが減ると、トドメを刺す前に逃げられてしまったり、たとえ優位な局面であってもひっくり返される場合もあります。

便利アイテム「砥石」と「隕鉄」

斬り・突き兼用武器であれば強化及び鈍化の回復には砥石を使用できます。

1回の使用で1の回復になるため、鈍化が蓄積している武器にはマイナス分の砥石を使用しなければ攻撃力が全快しません。

隕鉄は、攻撃力や武器の状態に左右されずに斬り属性武器の攻撃力を+5することが可能なアイテムです。

しかし、ランダムドロップ素材である隕石を使用すること、使用時には一定確率で強化失敗により武器が完全破壊されてしまうため、ギャンブル要素を持っているため、注意が必要です。

【さいごに~始めたばかりの人のためのまとめ~】

突き武器は、斬りとの兼用武器が存在するために武器の選択肢が広いのが特徴です。

相手に邪魔されずにアイテムを作ったり、逆に相手の邪魔をしながら自分の装備を整えるなど戦法を選べる利点を持ちます。

突き属性のみの武器が少なく、それ狙いとなると制作ルートは限られますが、対戦相手を倒して武器を奪うなど応用力の高い戦いが可能。

相手を知るほどうまく立ち回れる独特の戦い方を楽しめる突き武器をぜひ極めて見てください。