【MHW】歴戦王ゼノジーヴァの攻略は臨界状態の見極めが重要!【モンハンワールド】

モンスターハンターワールドMHW, モンハンワールド

11月16日より、イベントクエスト「それは古龍の王たらん」で歴戦王ゼノ・ジーヴァが登場しました。

このクエストでは、防具「ゼノラージγシリーズ」の素材になる冥灯籠チケットが手に入ります。

歴戦王ゼノ・ジーヴァは臨界状態のタイミングがとても大切で、立ち回りを間違えるだけで命とりになります。

攻撃力が非常に高く、対策なしでは苦戦するほどの強敵なので、今回は臨界状態の見極めをポイントに歴戦王ゼノ・ジーヴァの攻略方法を紹介します。

歴戦王ゼノ・ジーヴァの基本情報

歴戦王ゼノ・ジーヴァの主な特徴は

  • 攻撃力がハンパなく高い
  • 光線攻撃で残る熱ダメージの威力が増えた
  • サイド攻撃など、新たなモーションの追加
  • 制限時間が30分

なにより、即死に近い攻撃力がキツイ!

のしかかり攻撃と臨界状態のビーム、爆発攻撃は一発食らった時点で即アウトです。

その他の攻撃も瀕死になるほど強力です。離れて回復アイテムを使うスキに、光線攻撃などの遠距離攻撃でやられることもあります…。

攻略には相手のモーションを見極め、回避を中心とした戦い方がポイントになります。

回復アイテムや装衣を使う際も、タイミングを間違えると体力が満タンでもやれてしまうので、注意が必要です。

絶対つけるべき2つのスキル

ゼノ・ジーヴァは地面振動をもつ攻撃が多いので、「耐震」は必須です。

今回のクエストでは、歴戦王ゼノ・ジーヴァが放つ光線から発生する熱ダメージが強化されたので「熱ダメージ無効」スキルもつけましょう。

長時間、熱ダメージが残るので広範囲に及んで移動が制限されると厄介です。

熱ダメージ無効をつければ、スリップダメージを気にせずに自由に移動ができて、役に立ちます。

耐震Lv3」「熱ダメージ無効」は最低限、用意しておきましょう。

おすすめの武器「ガイラアサルト・援撃」

オススメの武器は「ガイラアサルト・援撃」になります。

ゼノ・ジーヴァには「貫通弾」が有効で、「顔」と「胸」を狙うと効果的です。

装填拡張を付ければLv3貫通弾を最大8発装填でき、リロードによる隙を減らすことができます。

また、強化パーツの「シールドパーツ」と「ガード強化」のスキルを組み合わせると、ビームや爆発攻撃をガード出来ます。

さらに、カスタム強化で「回復能力付与」を付ければ、回復アイテム使用中での攻撃を受けるリスクを減らせます。

「ガイラアサルト・援撃」を持っていない場合は?

ガイラアサルト・援撃がない場合は「エンブレスカノン・炎妃」もオススメです。

貫通弾の装填数はガイラアサルトに劣りますが、即死攻撃を食らっても一度だけ踏みとどまれる「根性」スキルがあるので、攻略に役立ちます。

立ち回り

序盤

最初は攻撃が激しくないので、敵の動きをよく見ながら攻撃を仕掛けていきましょう。

近接武器は「頭」「前足」を中心に、弓、ボウガンなら、「胸」も有効です。

近距離にいるときは、のしかかり攻撃と尻尾攻撃に注意しましょう。

最悪、一撃でやられますので、すぐに離れるかガードしましょう。

もし大ダメージを受けて、下手に離れて回復するとビームの餌食になってしまうので、相手のスキを見てアイテムを使います。

中盤~終盤

しばらくすると胸の部分が赤くなり、ゼノ・ジーヴァは臨界モードに移行します。

ここが一番のポイントです!

臨界モードに入ると、風圧の後にゼノ・ジーヴァ周辺に小爆発が起きます。

近距離にいると、風圧で足止めを食らって爆発に巻き込まれるリスクがとても高いので、胸部が赤くなったら、すぐに離れるか「転身の装衣」を身につけて臨界状態に対応しましょう。

また、ゼノ・ジーヴァが臨界状態に入ると防御力が下がり、攻撃力が上がります

防御力が下がるので与えるダメージは増加しますが、ビームや爆発攻撃を食らったらアウトです。

欲張って攻撃してやられないようにしましょう。ガンガン攻撃するなら「転身の装衣」を使ったほうが無難です。

臨界モードが終わると序盤と同じ状態に戻ります。

もしアイテムや弾丸などが減っていたら、この時にモドリ玉を使って補充した方が良いでしょう。

【歴戦王ゼノ・ジーヴァを倒すためのポイントまとめ】

歴戦王ゼノ・ジーヴァはとにかく攻撃力が高いです。

倒すためのポイントは以下の2点です。

  • 「耐震Lv3」「熱ダメージ無効」を付ける
  • 臨界モードに入る直前の立ち回り

最初は一発でやられて苦戦するかもしれませんが、ゼノ・ジーヴァの動きはゆっくりなので、しっかりと動きを見極めましょう。

ダメージを受けても慌てずに、回避を中心に敵のスキを見て行動を組み立てていきましょう!