【CoD:BO4】メインモード級のボリュームを誇るゾンビモードをプレビュー

CODBO4CoD:BO4, Bo4

10月12日に発売となった人気FPSシリーズの最新作『Call of Duty Black Ops4』

今回はそんなCoD:BO4に収録されているモードのひとつであるゾンビモードについてプレビューいたします。

ゾンビモードとは

ゾンビモードとは迫りくる数々のゾンビを倒して生き残るゲームモードのひとつで、サバイバルを目的とするチャレンジモードとして収録されているタイトルもありますが、特に『Call of Duty』シリーズではゲーム性だけでなく謎解きによるストーリー性もプラスされた人気モードのひとつとなっています。

スタート時は武器や装備のレベルが低く登場するゾンビの耐久値もあまり高くありませんが、一定数のゾンビを倒すとラウンドが進行し、徐々に体力の多いゾンビやボスキャラも登場。ゾンビを倒して集めたポイントで武器を強化したり行動エリアを広げたりと、自分の強化と謎解きをバランス良く進めて行くプレイングが求められます。

うまくゾンビを誘導して戦う事がコツ

複数人でのプレイでは一度体力が無くなっても味方によって蘇生してもらうことで復活できるので連係プレイも重要で、時には味方を守るためや謎解きを進めるためにゾンビを倒さずに引きつけるような立ち回りも有効。

FPSゲームではPvP、いわゆる対人戦が基本ですが、ゾンビモードは味方と協力してCPUに立ち向かうPvEモードであり仲間同士で勝敗に拘らずワイワイ楽しむことも出来るというのも特徴です。

今作の収録内容

今作では過去の『Black ops』シリーズからストーリーを引き続いた続編と、今作から新たに始まるシナリオの両方が収録。

時系列ではVoyage of despairが先になります

今作から始まるシナリオの『Voyage of despair』と『Ⅸ』は「カオスの物語」と題され、スカーレット、ブルーノ、ディエゴ、ショーの4人組が邪悪な存在へと立ち向かう物語に。

『Black Ops』シリーズでこれまで描かれてきた物語の続編となる『Blood of the Dead』と、デラックス版以上の購入者特典にもなっているブラックオプスパス所有者に先行解放されている『classified』は「エーテルの物語」と題され、リヒトーフェン、武雄、ニコライ、デンプシーという『Black Ops』シリーズファンにとってはお馴染みの4人組が登場。特に『classified』は過去作のリメイク要素も含んだシリーズユーザーにとっては大変うれしいモードになっています。

それぞれのシナリオにはしっかりとしたオープニングムービーが製作されていて、これを見れば大まかなストーリーについては把握できるようになっているので今回が初ゾンビモードという方も楽しみやすい構造になっています。ムービーはマルチプレイではカットされてしまいますが、これを見るだけでもかなりシナリオへの理解度が違いますのでカスタムプレイやソロプレイでの観賞をオススメします。

CoDシリーズやゾンビモードをあまり遊んだことが無いというプレイヤーにはチュートリアルモードも2ステップ用意されているので、まずはこちらからプレイしてみると良いでしょう。全体で難易度も変更できるようになっているので、自力でシナリオをクリアしたいけれど操作が難しいという方は難易度を下げての挑戦も可能です。ちなみにゾンビのグロテスクな表現がちょっと苦手だなという方にはマイルドな表現も選択できるようになっています。

カジュアルからハードまでスタイルに合わせて楽しめるプレイ感

本作のゾンビモードは過去作にも増して非常にボリューミーに仕上がっており、上級者であっても1回や2回のプレイでは到底遊びつくせないほどの内容になっています。対戦ではないので誰でもカジュアルにプレイ出来るモードではあるものの、これだけの複雑さになると対策とやりこみは必須と言って良いレベルで、マルチプレイ同様にクラス作成などもかなり重要。

今回は通常モードだけでも特典を含めると4シナリオ用意されているのでそれぞれを味わい尽くすだけでもかなりの時間遊べる仕上がりになっており、全体で見てもかなり力が入っているモードと言えるでしょう。

対戦と同様に、ゲーム前の準備がカギを握ります

中盤以降はゾンビが非常にタフになるので弾薬の節約をしつつ的確な射撃が要求されるという、単純なプレイとしての難易度も高いですが、謎解き・仕掛けの面でも過去随一の複雑さになっており、完全に自力での攻略は不可能と言っても過言ではありません。歴代の作品と同様にコミュニティ全体での謎解きが進められていて、対戦が主となっているFPSジャンルにおいて「プレイヤー全員で製作者が仕掛けた謎を解いていく」という一味違った楽しみ方が出来るモードになっています。

他にも、謎解きの要素を廃してとにかく出現し続けるゾンビを倒しまくるという「Rush」のモードでもプレイすることができ、こちらは射撃能力の向上を目的としてゾンビモード以外にも通用するチャレンジングな練習モードとして遊ぶことも可能です。

まとめ:腰を据えて遊びたい濃密なモードに

今回はCoDBO4のゾンビモードについて紹介いたしました。

本作では通常シナリオはどうしても1プレイあたりの時間が長くなりがちなので、時間のあるタイミングでじっくり遊びたいというFPSタイトルでも稀に見るボリュームとやりこみ要素を備えた仕上がり。

このモードならではの「ゾンビ連れ回し」や「ポイント稼ぎ」といった小技も重要ですが、ヘッドショットを精密に狙う技術はマルチプレイヤーやバトルロイヤルモードでも非常に大切なテクニックですので、シナリオ面以外にもシンプルに操作の練習としても効果的なモードになっています。

ポイントを管理するというテクニックはこのモード

『BO4』では従来の作品に収録されていたソロプレイ用シナリオモードである「キャンペーン」がなくなり、今作からシリーズのシナリオ・ストーリー面を一手に担う事となっていますが、その状況に応え得るだけの内容の濃いモードに仕上がっていると思います。

筆者もまだ全てのシナリオをクリアした訳では無いのですが、今作から遊んだプレイヤーにとっては今回の「カオスの物語」の登場人物が今後馴染み深いキャラになっていくような展開を期待したいと思います。

当サイトではwikiの運営も行っておりますので、参考にご覧ください。