【ウイイレ2019】攻守に活躍する強力スキルを紹介【myclub】

ウイイレ2019ウイイレ2019, ウイニングイレブン2019

現在好評発売中のシリーズ最新作『ウイニングイレブン2019』

選手の見た目やスタジアムと言ったグラフィック面だけでなく、モーションやボールの軌道などあらゆる面でリアルさが増した本作。このゲームには多数の強力なスター選手が登場しますが、選手能力値以外にも重視すべきポイントであるスキルについて今回は紹介します。

myclub無課金ガイドはこちら

スキルとは

選手はそれぞれ固有の能力値以外にも様々なスキルを持っていて、持っていない選手には出来ないアクションを行うことが可能になっています。

下段のCOMプレースタイルとは異なるので注意

ウイイレにおいては選手の使いやすさ・強さを示す指標としては総合能力値がよく用いられますが、その数字が同じでも特徴や持っているスキルが違えばかなり選手の動きは変わるので、チェックしてみて下さい。

ドルブル系

軸裏ターン

シュートorパスのゲージ入力中に×ボタンでキャンセルすると発動する“キックフェイント”は、相手がブロックする動作に入っていると簡単に逆を突くことが出来る切り返し技です。これはコマンド入力さえ出来ればどの選手でも発動しますが、この“軸裏ターン”のスキルを持っている選手で行うと通常以上にキレのある切り返しで、その後のアクションに素早く入れます。

キックフェイントは操作が非常に簡単ながら強力で、特にライン際で中へのカットインやクロスの駆け引きで非常に重宝する技ですのでウィングやサイドハーフの選手が持っていると便利なスキルです。

ダブルタッチ

ダブルタッチは2019から導入されたスキルで、ドリブルテクニックとしては以前から存在していた技です。進行方向と90度に右スティックを倒しながら前方向に左手ティックを入力することで正面の相手をかわすテクニックですが、相手の重心によってはボールを引っ掛けられてロストするケースもありました。

このダブルタッチのスキルを持っていると素早く広い距離で移動できるので技のキレが上がり、格段に相手を抜き去りやすくなります。特にゴール間近で相手がシュートを警戒して固まっている時には非常に有力なテクニックですので、前線の選手が持っていると強力なスキルです。

パス系

ワンタッチパス / ノールックパス

どちらもパスに関するスキルで、トラップせずにパスを出す場合やノールックでパスする場合に正確なボールが送れるようになります。今作から選手の重心移動がリアルに再現されるようになっているので、難しい体勢からのパスが流れてボールロストするとカウンターのピンチになりかねませんが、そうした事態も防げるという点では攻守両面で効果的と言えるでしょう。

相手からのプレッシャーを交わす時にもダイレクトプレーで崩していくときにも使える能力なので、中盤の選手は攻撃的守備的にかかわらず持っていると魅力的なスキルです。

どちらも持っている選手は巧みなパスワークを実現します

シュート系

コントロールカーブ / コントロールループ

利き足で逆サイドから巻くような軌道を描くことが出来ます

シュートする時に方向キーを入力することでコースを狙うことが出来ますが、そのタイミングでR2ボタンを押していると精密にコースを狙うコントロールシュートが打てます。これは角度のある1対1の場面で特に重宝するテクニックですが、コントロールカーブのスキルを持っていると更にキーパーの届かない所から巻いてゴール隅に突き刺さる鮮やかなカーブシュートを打つことが出来ます。

コントロールループは同様に精密なコースを狙ってループシュートを狙えるスキルです。ゴール前角度の無い所からキーパーの肩上を抜いてサイドネットに落とすようなシュートが1対1の選択肢に入るのは魅力で、これらの能力は強力なキーパーから得点を奪う時にかなり強力なので、どちらもゴールに迫るウィングやストライカーには必須の能力です。

ワンタッチシュート

文字どおりワンタッチで正確なシュートを決められる能力です。ゴール前の短いパス交換の際に強力で、足元に深く入ったボールでもゴール隅へ流し込めるスキルになっています。

ゴール前へ飛び込むCFはもちろん、相手が引いて守っている時はリターンから一気に強力なミドルシュートが打てる中盤の選手が持っていると意外性が高まります。無回転シュートやドロップシュートのようなシュートスキルと同時に発動すれば中距離からでもゴールネットを揺らせます。

ヘッダー

ヘディングで強いシュートが打ちやすく、叩きつけるようなキーパーにキャッチされにくい弾道のヘディングが出やすくなるスキルです。これも勿論長身CFには欲しいスキルですが、中にはディフェンスの選手が持っている事もあるのでスキル持ちの長身CBが所属している場合は積極的にコーナーキックのターゲットにしてみましょう。

CBの選手も戦術の「攻撃参加する選手」に指定することで攻撃レベルに応じてセットプレーでゴール前に入ってくれます。ただし、こぼれ球で攻撃を継続しているとカウンターに対してディフェンスの枚数が足りなくなることがあるので注意しましょう。

ディフェンス系

マンマーク

自分がマークしている相手に粘り強くディフェンスするスキルです。スルーパスによる展開を得点源にしているプレーヤーも多いのでボランチやディフェンスラインの選手がこれを持っていると守備が堅くなるでしょう。

スキルを持っていても相手選手の足が速いと振り切られてしまう事も勿論あるので、このスキルだけでなく守備の選手はスピードや瞬発力も重要な能力になります。守備コンセプトアレンジの「ハードマーク」で相手のキープレーヤーを封じたい場合にはこの能力が欲しい所です。

インターセプト

インターセプトを成功させやすくなる能力です。スルーパス警戒などを発動させている時は特に効果があり、中盤で前へのパスをカットできればカウンターのチャンスにもなるのでロングカウンター派のユーザーには魅力的なスキルです。

特に中盤に人数を費やすフォーメーションではこうした選手が真ん中にいるだけで相手の攻撃を分断することが出来るので、前線にボールを入れられたくない時に重視したいスキルです。カウンターのターゲットになる選手を前線に入れて相手が不用意なスルーパスを出せないよう脅威を与えましょう

アクロバティッククリア

ゴール前の混雑状態で難しい体勢でも強いクリアの出来るスキルです。攻め込まれている状態ではヘディングの弱いクリアを拾われて2次攻撃、3次攻撃と繰り返される場合がありますが、選手がゴール前に入り乱れてフォーメーションが乱れている状態は非常に危険なのでセーフティーを優先しましょう。

その他

スーパーサブ

試合の後半から出場すると能力が上がるという珍しい発動条件のスキルです。特に今作はスタミナ切れの影響が顕著になっているので、相手が疲れている場合は途中出場のフレッシュなスピードはより効果的になるでしょう。

特にCFの選手が持っていることが多いので、多少能力値が物足りなくともベンチに入れる価値があるのではないでしょうか。

闘争心

スーパーサブに対して、闘争心はスタミナ切れを起こしてもパフォーマンスが落ちにくいという特性のスキルです。特に終盤にディフェンスの選手がスピードが落ちるとかなり守備が厳しくなるので、代えの効かないスタメン選手が持っていると非常に嬉しい能力です。

クイック交代で味方の残り体力もチェックできるので、スタミナ切れには気を付けましょう

低弾道パントキック 高弾道パントキック

ゴールキーパーがボールをキャッチしている状態からパントキックをするときに特徴あるキックを蹴ることが出来るスキルです。

低弾道パントキックは前線のサイドに張っている選手に速いボールを合わせることが出来るので、相手が前ががりになっている場合はキーパーからのキックでカウンターの起点になることが出来ます。

対して高弾道パントキックは前線まで滞空時間の長く高いロングボールを入れることができ、フィジカルの強いCFが居る場合などは非常にボールが収めやすくなります。相手に攻め込まれている場合はディフェンスラインを上げる時間も稼げるので、ポゼッションで支配したい場合にエアバトルに強い選手と合わせて使いましょう。

 

まとめ:プレースタイルに合った選手を

注目選手は能力が上がっている以外に新しいスキルを覚えている事も

ここで紹介した以外にもスキルはどれも持っていないよりは遥かに魅力的で、運用によって効力を発揮します。

例えばドリブル突破が好きな場合は「ルーレット」や「シャペウ」では華麗なトリックを繰り出すことが可能になりますし、サイドバックの「ピンポイントクロス」はアーリークロス使いには必須のスキルでしょう。

どれも能力値以上に選手の特性を輝かせるスキルになっており、今作のmyclubでは新たにスキルを覚えさせることも可能になっています。自分のプレースタイルに最もマッチする選手とスキルを模索してみることもウイイレ2019の楽しみ方のひとつではないでしょうか。

▼無課金攻略ガイドを見ていない方はこちらの記事もオススメです。