『レインボーシックスシージ』Year3シーズン2のアップデート内容が告知、オペレーターのピック率も公開

PS4 速報レインボーシックスシージ

UBISoftは2015年12月に発売が開始され、現在Year3までアップデートが行われているタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』のYear3シーズン2のアップデート内容とアタッカー側とディフェンダー側それぞれでのオペレーターピック率を勝率をまとめたグラフ画像をデザイナーズノートにて公開しました。

アタッカー側の勝率と各オペレーターのピック率

ディフェンダー側の勝率と各オペレーターのピック率

 

オペレーター変更内容

FINKA

  • アビリティ「デュレーション」の持続時間が20秒から10秒に変更
  • スタングレネードをフラググレネードに変更
  • スモークのガスキャニスターのダメージを調整
  • アドレナリン ラッシュによるADS速度を-50%から-25%に変更

IQ

  • フラググレネードをクレイモアに変更
  • エロクトロニクスの検知範囲を15mに縮小

BLACKBEARD

  • MK17のダメージを42から49に変更
  • SR-25のダメージを72から61に変更
  • ライフルシールドのHPを60から50へ変更
  • ライフルシールドの装備中の移動速度を30%緩和し、より速く移動が可能に

GLAZ

  • OTS-03のダメージを85から71に変更

TWITCH

  • FAMASのダメージを40から37に変更

JACKAL

  • 足音の検知範囲を5mから8mに変更

FROST

  • SMGのダメージを43から45に変更
  • Super 90のダメージを32から35に変更

DOKKAEBI

  • クレイモアをスタングレネードに変更

BARBED WIRE

  • 速度低下率が45%から50%へ増加