【マリオテニス エース】初心者のためのステップアップ基本講座

マリオテニス エース

当記事では、初心者の方向けにCPU戦から対人戦まで幅広く使える『マリオテニスエース』の基本をレクチャーします。

まずはサーブ&レシーブについて

サーブを打つ

シンプルモードでもナイスサーブは発動しますが、レシーブで押されにくくなっています。

サーブを打つ前にはライン上を左右に移動でき、トスしたボールが空中にある間に方向を入力することで更に際どいコースを狙うことが出来ます。サーブの方向をちりばめて相手を揺さぶりましょう

トスの一番高い所でショットボタンを押すとレシーブした相手を押し込む強力なナイスサーブになり、大きな隙を生み出すチャンスを生み出せます。

球速が一番出やすいのはフラットショット(Xボタン)を中心に、3種類のショットを織り交ぜてサーブしましょう。

ねらいうちサーブ

白線に触れないとフォルトになります

スタンダードルールでチャージゲージが黄色(1/3以上溜まっている状態)以上なら、トス前にRボタンを押すことで「ねらいうちサーブ」が可能です。ただし、サーブは対角線手前側の四角いエリアでワンバウンドさせなければフォルトという反則で打ち直しになり、連続で2回のフォルトをすると相手のポイントになってしまいます。

フォルトでもチャージゲージは消費するのであまり際どいコースを狙いすぎないようにしましょう。

サーブをレシーブする

レシーブする側はサーブする側と違って前後左右に自由に位置取りできるので、相手の立ち位置に応じて移動しましょう。ただしノーバウンドでのレシーブは反則です。基本は相手のいない方向を狙ってリターンしましょう。

相手がナイスサーブを打ってきた場合でも相手のショットに対応したボタンでリターンするとナイスサーブでもあまり押し込まれず、隙が小さくなるので以下の表を覚えておくと良いでしょう。これはラリー中のMAXチャージショットをリターンする場合も同じです。

相手のサーブの種類 リターンに適したショット
フラットサーブ(紫色 Xボタン) フラットサーブ(紫色 Xボタン)
トップスピンサーブ(オレンジ色 Aボタン) スライスサーブ(青色 Bボタン)
スライスサーブ(青色 Bボタン) トップスピンサーブ(オレンジ色 Aボタン)

リターンが苦手な人は相手の立ち位置を見つつ少し前に出るとコースが限定されてリターンしやすくなります。

早めにボタンを押しすぎるとチャージの姿勢で固まってしまって曲がるサーブに反応できない事もあるので、確実にコースを見極めてからチャージしましょう。

ラリー

サーブをリターンしたらラリーが始まります。本作では長いラリーになる事も多いので、ラリーを制する者が『マリオテニスエース』を制すると言っても過言ではないでしょう。

シンプルモードのラリー

[打ったら戻る真ん中へ 画像]

エネルギーゲージの無いシンプルモードは現実のテニス同様、ショット方向の駆け引きが重要です。基本は空いているサイドに打つことで、逆に言えば守る時は相手の狙いどころを無くすために「打ったら戻る真ん中へ」を徹底しましょう。

サーブを打って一気にネットまで詰めてボレーを決める「サーブ&ボレー」は基本戦術ですが、毎回繰り返してくる相手にはロブやドロップなど意表を突くショットも効果的。

「よくラリーで逆を突かれてしまう」という人は、相手が打つ前に予想した方へ動いてしまっていませんか?早めにコート中央に戻り、相手が打つ瞬間にはスティックから手をはなすぐらいの気持ちで確実なリターンを身につけましょう。

スタンダードモードのラリー

スタンダードルールではチャージゲージの溜めがポイント!

普通にラリーしていてもゲージは貯まりますが、如何にテクニカルショットをねじ込んで相手より有利なゲージ状況を作れるか、が勝敗のポイントになります。走って返せそうなショットも「敢えてテクニカルで返す」というラリーが出来るようになれば上級者です。

左右だけでなく前後のテクニカルが重要で、ディフェンスタイプのキャラはネット付近からの後ろテクニカルが強力です。タイミングは自分の前にあるくらいで入力を始めても発動します。逆に後ろテクニカルを狙っている相手にはドロップショットで空振りを誘いましょう。

前テクニカルショットは必ずドロップ気味の弱いショットが来るので、相手が使ってきたらネットへ詰めるのがポイントになります。

ねらいうち・スペシャルショットの使い方

ジャイロ操作も可能ですが、難しい・アウトになってしまうという人はオフに

ねらいうちはコート上の☆でRボタンを押すことで発動できますが、意外と判定は厳しいのでしっかり真ん中に入りましょう。中途半端な所で使うと「加速」が発動してしまってリターン出来ないこともあるので注意です。

スペシャルショットとねらいうちの使いどころは、相手のゲージが少ない場合。加速で追いつけない場所を狙って打ちましょう。相手のラケットにダメージを与えている場合は、ブロックに失敗できないと沢山ゲージを消費してくれるかも知れないのでドンドン打ちたいトコロ。

スペシャルショットはブロックに失敗すると一打でラケットが壊れてしまうので、敢えて相手の近い所に打ってブロックに挑戦させるのも手です。

加速の使い方とブロックのコツ

ブロック成功でもゲージは貯まります

ブロックはボールの影が完全に自分の横に来るまで待つことがコツです。慣れてきたら「加速」→「テクニカル」も試してみましょう。

「ねらいうち」サーブはすぐにRボタンを押してしまうとワンバウンドまでかなりのゲージを使ってしまいます。かならず自分の前のエリアでワンバウンドするので、引きつけて節約しましょう。

加速無しでもリターンは可能なのでタイミングに慣れれば意外と簡単にブロックできますよ。

マリオテニスエースの説明書

『マリオテニスエース』には説明書は付属していませんが、操作やルールを確認したい時には、メニューの「遊び方」⇒「操作とアドバイス」から様々な説明を見ることが出来ます。

今回紹介した項目に共通する内容も沢山紹介されているので、是非一度チェックして見てください。

まとめ:目指せ「さいきょう」CPUに勝利!

ということで今回は『マリオテニスエース』で使える初心者向け・基本的なテクニックについて紹介しました。

今後、公式大会の開催も予定されている本作ですが、シンプルな操作でキャラの性能にプレイ時間は関係ないのでいつからプレイし始めても他人との差はありません。

もちろん『マリオテニスエース』の達人への道のりは長いですが、今回の内容を参考にまずはCPUの「つよい」や「かなりつよい」に勝てるよう練習してみましょう。

もし「さいきょう」にも勝てるようになれば、きっと対戦モードでも大活躍出来るでしょう!