【マリオテニスエース】「スピード」キャラクターの特徴と対策を解説!

マリオテニス エースマリオテニスエース キャラクター

『マリオテニス エース』に登場するキャラクターの特徴とプレイスタイル、そして対策について解説・攻略して行きます。

今回は足の速さを武器にコートの端から端まで走り回る「スピード」タイプのキャラについて解説します。

(※アップデートやキャラの追加に応じて更新して行きます)

「スピード」タイプのキャラと特徴

現在登場している「スピード」タイプのキャラを紹介します。

ヨッシー

スペシャルショットは「ウイングレインボー」

様々なゲームでマリオを乗せて走り回るヨッシーはもちろんスピードタイプ。

フラットサーブの最高球速が170km/h前半と打球のスピードはあまり無いものの、足が速く横テクニカルの発動距離も長いので殆どの打球に追いつける守備範囲が魅力です。

守備力の反面、攻撃力は高くないのでショットを打ち分けながらチャージを溜めて「ねらいうち」を得点源にしましょう。球を拾い続けて相手をネット前まで出させることが出来ればロブショットも効果的です。

キノピオ

スペシャルショットは「キノコスーパーダイブ」

本作ではトーナメントモードの実況に登場するキノピオですが、スピードタイプのキャラとして試合にも参加。スタジアムでは審判やボールボーイも務めているので大忙し。

働き者のキノピオらしく足が速いのが特徴で、コントロールが良く鋭いコースにリターン出来るので小回りが利く扱いやすいキャラです。

ただその小柄さゆえにリーチが短く、フラットサーブの球速もMAXで170km/hに満たない程度でパワー不足感は否めません。頭で飛び跳ねる動きで可愛いだけでなく使いやすい前後のテクニカルと、速い足を活かした回り込みからのチャージショットを上手く使ってゲージを溜めましょう。

ver1.2.0ではリーチが上方修正され、最高速度で移動しやすくなるようアップデートされました。これまで以上に広い範囲のボールに対応できるようになっています。

ノコノコ

スペシャルショットは『シェルスピンブレイク』

シリーズお馴染みの雑魚キャラ、ノコノコが参戦。ノコノコは見た目の通り亀がモデルのキャラクターですが、本作では甲羅でスルスルと高速移動するスピードタイプ、その移動速度は全キャラ中最速です。

フラットサーブの最高球速は170km/hに満たない程度でパワーこそありませんが、広い範囲のショットに追いつけます。

パワー不足とは言ってもショット自体の速度はそこまで遅くなく、スライスショットがよく曲がるので相手を押し込み、ブレーキの効いたドロップショットで得点を奪いましょう。常に甲羅に入って移動するので最初はショットのタイミングが難しく感じるかも知れませんが、慣れていけばかなり使いやすいキャラと言えるでしょう。前後のテクニカルはあまり広くないので注意が必要です。

ディディ―コング

スペシャルショットは『ジャングルスイング』

ドンキーコングの相棒、ディディ―コングは9月のオンライントーナメントに参加すると先行プレイが可能です。

タイプはスピードで、特徴はダッシュ力の高さ。動き始めてからボールに向かう加速力がピカイチで、コート後方からでも一気に前方へ詰めることができます。フラットサーブの球速はMAX170km/h程度で、パワーはまずまずですがトップスピンショットを広い角度へ打つことができます。

後方からの速いフラットスマッシュよりも、ネット前まで出て相手を左右に振るショットが得点源。守備範囲の広さによって長期戦になりがちなので集中を切らさず前後のショットを織り交ぜて粘り強く戦いましょう。対戦する時はネットへ出てくる瞬間を狙ってロブを使うのも有効です。

プレイスタイルと対策

基本的なプレイスタイルと、その対策を紹介します。これを基本に相手に応じて変化を加えていきましょう。

プレイスタイル:チャージゲージを溜めてコート上を制圧

とにかく守備範囲が広く「加速」とテクニカルショットとも組み合わせるとコート上を全てカバーするほどで、リターン出来ないボールはありません。

ただ、横への守備を意識するあまり下がり過ぎてドロップを決められないように注意しましょう。

やや攻撃力不足の面があるので、その部分を「ねらいうち」「スペシャルショット」で補えるスタンダードモードで真価を発揮します。また、「加速」や「ねらいうち」にはチャージゲージがたくさん必要になるのでテクニカルショットが必須の技術になります、連発できるよう練習しましょう。

対策:短期決戦で一気に攻める

チャージゲージが溜まった状態のスピードタイプは攻守に強力なので、チャージゲージが溜まる前から積極的に前後左右へのショットを仕掛けて行きましょう。

通常のショットで「加速」を使わせてチャージゲージ面での有利な状況を作り、返せない角度を狙って「ねらいうち」を決めたいところです。

これはスピードタイプ限定の対策ではありませんが、相手がどの方向のテクニカルショットを得意にしているのかを見極め、そのショットを出させないように立ち回ると有利になりやすいです。